日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 高岡早紀、すっぴん顔に困惑の声

高岡早紀、珍しいすっぴん顔を公開もネット困惑「なぜ載せようと?」「別人すぎて誰?」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

高岡早紀公式インスタグラムより

 高岡早紀がインスタグラムにスッピン写真を披露し、反響を集めている。

 10月5日からスタートする自身の主演ドラマ『リカ』(フジテレビ系)の放映を控え、インスタグラムでも撮影の様子についてつづっている高岡だが、17日にインスタグラムを更新し、「お疲れさまー」とコメントしつつ、「『リカ』の撮影が早く終わったので、ちょっと一杯。。」と、撮影終わりにお酒を飲んだことを告白した。

 ハッシュタグでは「リカ」「こわっ」などとつづっていたが、写真に写る高岡は、リラックスしているようで珍しいすっぴん顔。縁の太い眼鏡を掛けており、グラスに口を付けるという自撮りショットとなっていた。

 この投稿に高岡のインスタグラムには、「すっぴんも可愛い!」「何しても可愛い、美人さん」「ナチュラルな感じが魅力的です!」という声が集まっていたが、一方ネットからは、「なぜこれを載せようと思ったの?」「すっぴんでも可愛いって言われたいがために載せてそう」「なんでも載せればいいってものじゃないのに」「別人すぎて誰?」という困惑の声も飛び交っていた。

 芸能人のスッピン写真にはあざとさがつきもの。そうした印象から苦言が集まってしまったようだ。

 

最終更新:2019/09/20 12:00

高岡早紀、珍しいすっぴん顔を公開もネット困惑「なぜ載せようと?」「別人すぎて誰?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真