日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 高岡早紀、すっぴん顔に困惑の声

高岡早紀、珍しいすっぴん顔を公開もネット困惑「なぜ載せようと?」「別人すぎて誰?」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

高岡早紀公式インスタグラムより

 高岡早紀がインスタグラムにスッピン写真を披露し、反響を集めている。

 10月5日からスタートする自身の主演ドラマ『リカ』(フジテレビ系)の放映を控え、インスタグラムでも撮影の様子についてつづっている高岡だが、17日にインスタグラムを更新し、「お疲れさまー」とコメントしつつ、「『リカ』の撮影が早く終わったので、ちょっと一杯。。」と、撮影終わりにお酒を飲んだことを告白した。

 ハッシュタグでは「リカ」「こわっ」などとつづっていたが、写真に写る高岡は、リラックスしているようで珍しいすっぴん顔。縁の太い眼鏡を掛けており、グラスに口を付けるという自撮りショットとなっていた。

 この投稿に高岡のインスタグラムには、「すっぴんも可愛い!」「何しても可愛い、美人さん」「ナチュラルな感じが魅力的です!」という声が集まっていたが、一方ネットからは、「なぜこれを載せようと思ったの?」「すっぴんでも可愛いって言われたいがために載せてそう」「なんでも載せればいいってものじゃないのに」「別人すぎて誰?」という困惑の声も飛び交っていた。

 芸能人のスッピン写真にはあざとさがつきもの。そうした印象から苦言が集まってしまったようだ。

 

最終更新:2019/09/20 12:00

高岡早紀、珍しいすっぴん顔を公開もネット困惑「なぜ載せようと?」「別人すぎて誰?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

DDTレスラー4人衆のサウナ愛

「ととの・う」―1 必要なものがすべてそろう。「材料が—・う」「準備が—・う」2 き...
写真