日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ露骨な”中居外し”

ジャニーズの露骨な”中居正広外し”が本格化! 『金スマ』潰しで業界タブー破りも

中居正広

 このところ、芸能界では「公正取引委員会」のワードが頻繁に報じられている。大手芸能プロを辞めたタレントが「干されている」状況を受けてのことだが、注意勧告を受けた芸能プロの中にはジャニーズ事務所もあったという。

 “それならば辞める前に干してしまえ”とばかりに、このところジャニーズによる中居正広への嫌がらせともいえる動きが目立っている。

「中居は来年9月での退所がうわさされており、元SMAPの3人がいる『新しい地図』への合流が有力視されています。そんな動きを察知したのか、このところジャニーズの“中居外し”が激化。視聴率はけっして悪くなかった『ナカイの窓』(日本テレビ系)は強制終了となり、TBSでの東京五輪キャスターのポジションも外されてしまった。『ナカイの窓』スタッフと進めていた『はじめまして!一番遠い親戚さん』のMCも、直前になって嵐・相葉雅紀に奪われてしまう始末。あまりに露骨すぎて本人も苦笑いのようです」(芸能記者)

 さらに、ジャニーズの追撃は続き、今度は「中居外し」どころか「中居潰し」に動き出したという。

「テレビ朝日の人気音楽番組『ミュージックステーション』が、10月より金曜夜8時から9時台に移動するとサンケイスポーツが報じました。金曜9時にはTBSで『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が放送されており、ジャニーズグループも出演する『Mステ』は、業界ではタブーとされる裏かぶりとなる。そもそもジャニーズは、自社タレントの出演が同じ時間帯でかぶらないようにする“テレビ行政”を徹底していることで有名。もはや中居を“敵”として見据えているとしか思えません」(テレビ関係者)

 中居の退所後にTBSが高視聴率番組の『金スマ』を打ち切れば、「公取委」に目を付けられることになるため、不自然にならないよう今のうちに視聴率を削っておこうという意図があるのかもしれない。

最終更新:2019/07/31 12:05
こんな記事も読まれています

ジャニーズの露骨な”中居正広外し”が本格化! 『金スマ』潰しで業界タブー破りものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が教える「危機管理」とは

 数年間に及ぶ殺害予告を始めとした“ネット炎上”に巻き込まれるも、自ら公に立って情報...
写真