日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  >  TBS『リアルガチ』が物議に

反省の色はまったくなし! TBS『リアルガチレコード』コンプラ無視の過激な内容が物議に

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

TBS放送センター

 ドキュメンタリー番組『消えた天才』で不適切な映像加工が行われ、深夜の人気番組『クレイジージャーニー』でやらせが発覚するなど、不祥事が相次ぐTBS。19日には、バラエティ番組の収録でお笑い芸人が全治8週間のケガを負う事故が発生し、批判の声が高まる中、ゴールデンタイムで挑戦的な番組を3時間にわたって放送した。

 話題となっているのは、24日に放送された『出るか!?ヤバイよ新記録 リアルガチレコード』という番組だ。これはMCの出川哲朗が実行委員長になり、新競技の数々を開催。挑戦者たちが記録達成のために珍競技に取り組む姿を楽しむ番組だったが、その過激さに関係者は驚いたという。

「1つ目の競技は、激辛料理を食べるタイムを競うものでした。テレビ界では20年ほど前に大食い番組ブームがありましたが、番組のマネをした中学生が食べ物をのどに詰まらせて亡くなり、ぱったりとそういった番組は放送されなくなりました。その後、テレビ東京が大食い番組を復活させましたが、その際に強調したのが『早食いではなく、大食いだ』という理屈です。以来、他局もこれを踏襲してきましたが、今回ゴールデンタイムでその禁を破るとは、なかなかチャレンジングだなと思いました」(テレビ制作スタッフ)

 TBSの暴走はなおも止まらない。2つ目の競技は、ほんの数日前に芸人が大ケガをして謝罪したばかりの局がやるものとは思えない内容だった。

「2つの目の競技は、ワックスで車内がヌルヌルになったバスを走らせ、誰が一番早く降車ボタンを押せるかを競うものでした。車内は椅子やつり革は撤去されていますが、参加者はヘルメットをかぶっておらず、窓ガラスもそのままのように見えます。仕事仲間の数人で番組を見ていましたが、『こんなのよくやったな』『ケガしないかヒヤヒヤするだけで、まったく笑えない』といった感想が上がりました」(同)

12

反省の色はまったくなし! TBS『リアルガチレコード』コンプラ無視の過激な内容が物議にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真