日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 避妊具の配達遅延が原因で妊娠!?

急成長の宅配ビジネスを脅かすモンスタークレーマー「妊娠したのはコンドームの配達が遅れたせい⁉」

コンドームの遅配で妊娠したという女性(中国版Twitter「微博」より)

 中国の2018年の宅配代行サービスの市場規模は2,400億元(約3兆6,000万円)を突破し、ユーザーは3億5,800万人以上に上る(iiMedia Research調べ)。中国人の4人に1人が利用している計算だ。食べ物に限らず、家電、日用品などなんでも届けてくれる便利なサービスなのだが、指定の配達時間に遅れたことから、とんでもないトラブルに発展したケースもある。

「SETN三立新聞網」(9月24日付)などによると、江蘇省徐州市に住む20代の女性は8月のある日、自宅で彼氏と映画を見ていたが、時間が遅くなったので、彼氏が泊まっていくことになった。当然のようにベッドの上でイチャイチャし始めたが、コンドームの買い置きがないことに気づいた。そこで宅配アプリで注文。スマートフォンの画面には、20分で届けられると表示された。

 2人が一緒にシャワーを浴びて待っていると、アプリ上で「天候不良のために配達が遅れる可能性がある」との知らせがあった。ところが、すでに燃え上がってしまった 2人に我慢することは不可能だった。男性は避妊することなく蘇さんに挿入すると、そのまま果ててしまったという。コンドームが届いたのは、それから8分後だった。

 話はこれで終わらない。1カ月ほどたった頃、女性の妊娠が発覚したのだ。この1カ月を思い返してみると、コンドームをつけずに行為に及んだのは、くだんの配達が遅れた日の1回だけだった。蘇さんは「もし時間通りにコンドームが届いていたら、こんなことにならなかった!」と怒り心頭。配達員に3万元(約45万円)の賠償を請求した。それに対し配達員は、「俺が妊娠させたっていうのか? 訳がわからない」と反発している。

 報道を受け、ネット上では「配達員が遅いのではなく、彼氏がイクのが早すぎただけ」などと配達員に同情する意見が殺到しているという。

 蘇さんがこの賠償金を 出産費用に充てるつもりなのか 中絶費用に充てるつもりなのかは明らかにされていないが、中国のクレーマーは、げに恐ろしい。今後こうしたトラブルが繰り返されないためにも、ドローン配送の実用化が急がれる? 

(文=中山介石)

最終更新:2019/09/28 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

急成長の宅配ビジネスを脅かすモンスタークレーマー「妊娠したのはコンドームの配達が遅れたせい⁉」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...
写真