日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 山口真帆、女優活動が困難なワケ

元NGT48山口真帆、写真集は絶好調でも女優デビューが困難な”複数の深刻事情”とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

NGT48オフィシャルサイトより

 一見順風満帆に見えるものの実はそうではなかった?

 NGT48を卒業して早半年が経過しつつあるが、「女優」山口真帆のお披露目がお預け状態となっている。

「山口といえば、1st写真集『present』が約1万5,000冊を売り上げる大ヒット。オリコン週間BOOKランキングの写真集部門でも初登場1位を獲得しています。また、9月16日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にて卒業後初のテレビ出演を果たし、久代萌美アナと共にマカオロケに参加。女優を目指そうとした理由について『周りに合わせる性格だったので、自分がないなと自分で思ってて。でも、逆にそれがお芝居だと誰かになりきったり、役になりきったりするので、それがすごい楽しくて』と語り、ワクワクしている様子でした」(スポーツ紙記者)

 ファンも山口の女優デビューを心待ちにしているが、残念ながら10月期の新ドラマにはキャスティングされた様子はない。その裏には「演技力」以外にも理由があったようなのだ。

「山口が所属する研音には主役級の俳優が多いことから、バーターで山口を脇役にねじ込むことは容易なはず。実際、研音の唐沢寿明が主演する7月期のドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)にも単発出演が検討されていたようですが、結局は見送られることに。山口には顔が大きいという“弱点”もあり、マカオで久代アナと並んだ際にも、その差は歴然だった。女優として使いづらいという面もあるのかもしれません。ともあれ、10月期には同じく研音の福士蒼汰主演のドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)も始まりますが、こちらにも山口の出演予定はないようです」(前出・記者)

 そうした一方で、自身が暴行を受けた裁判では、被告男性と“私的に繋がっていた”という疑惑が浮上。業界内ではその成り行きを見守る動きも出ているようだ。

 そんななか、10月9日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、山口の女優デビューが遅れている別の理由も指摘する。

「記事によれば、山口は研音の中では『俳優班』ではなく、『音楽班』の扱いなのだとか。そのため、音楽班の山口をバーターで使うくらいなら、俳優班の若手が優先される社内事情を明かしています」(前出・記者)

 一部では、来年1月スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』でお披露目とも報じられているが、あまり引っ張りすぎると、“旬”が過ぎてしまうかも?

最終更新:2019/10/09 12:00

元NGT48山口真帆、写真集は絶好調でも女優デビューが困難な”複数の深刻事情”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真