日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 物議を醸す問題作『ジョーカー』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】vol.552

不寛容さが生み出す最凶ヴィラン『ジョーカー』 物議を醸す問題作だが、現実社会と大きな相違点

「いつも笑顔でいなさい」という母の教えを守るアーサー(ホアキン・フェニックス)の心の中は、負の感情で溢れ返っていた。

 ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』が話題を呼んでいる。アメコミヒーロー・バットマンの敵役(ヴィラン)として知られるジョーカーを主人公にした物語だが、アメコミがベースとは思えないほど現実社会に渦巻く不条理さや不安感をえぐり出した強烈な作品となっている。観る人によって、大きく賛否が分かれる内容だ。

 これまでにも『バットマン』(89)ではジャック・ニコルソン、『ダークナイト』(08)ではヒース・レジャーら名優たちが演じてきたバットマンの宿敵・ジョーカー。カオスを愛するこの希代の悪役がどのようにして誕生したのかを、本作はオリジナルストーリーとして描いている。まるで実録犯罪映画のようなリアルさを感じるだろう。

 アーサー(ホアキン・フェニックス)の職業は大道芸人。ピエロの派遣会社から給料をもらい、年老いた母ペニー(フランセス・コンロイ)の介護をしながら暮らしている。生活は楽ではないが、母の教えである「どんなときも笑顔で、人々を楽しませなさい」という言葉を胸に、慎ましく生きてきた。人気コメディアン、マレー(ロバート・デ・ニーロ)のトーク番組を、母と一緒に視聴することが数少ない楽しみだった。

 いつか、マレーの番組に呼ばれるような一流のコメディアンになろう。そんな夢を持つアーサーだったが、ピエロメイクで街頭宣伝中に不良少年たちに暴行を受けるという事件が起きる。被害者であるはずのアーサーだが、派遣先の職場を無断で放棄したと会社の上司から咎められてしまう。同僚から「護身用に」と拳銃を渡されるが、この拳銃がアーサーの運命を大きく変えていく。

123
こんな記事も読まれています

不寛容さが生み出す最凶ヴィラン『ジョーカー』 物議を醸す問題作だが、現実社会と大きな相違点のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真