日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 堂本剛の発言でキンキ解散秒読み

堂本剛が自らの”ジャニーズ人生”を完全否定! KinKi Kids解散がカウントダウン突入

堂本剛

 KinKi Kidsファンに動揺が広がっている。

 物議を醸しているのは、10月にファンに届いた最新のファンクラブ会報。一体どういうことか?

「キンキの会報はコンサートや舞台レポートがメインで、光一の単独会報が圧倒的に多い中、今回はようやく剛メインだったことで、剛ファンは大喜び。しかし、それも束の間、会報の中には『自分のやりたいことができる人生を歩んではこなかった』『客観的に自分を見たとき、かわいそうだなって』『ジャニーズだからっていうような概念は第三者が勝手に提供してくれるもの』『第三者が作った概念におつき合いすることに対して意味を感じなくなってしまった』などと、これまでのジャニーズ人生を完全否定するようなコメントが記載されていて、波紋を呼んでいます」(スポーツ紙記者)

 これにはファンも複雑な思いだったようで、ネット上では「剛くんジャニーズ人生否定って悲し過ぎる」「お金取って愚痴をファンに言うのは筋違い」「ずーっと応援してた人にあんなん言われたらショック」といった批判が殺到しているほか、中には「KinKiは元々やりたいことが全く違うのだから、すっきり解散して個人個人で好きな道を行くべきでしょう」と、解散を容認する声まで聞かれる。

「キンキをめぐっては、 6月27日発売の『週刊文春』(文藝春秋)にて、剛が『ジャニーさんがいなくなったら事務所を出る』と周囲に漏らしていたことを伝えています。記事によれば、剛はジャニー氏を慕っているものの、ジュリー新社長とは距離があるそう。事実、21年間欠かさず続けてきた年末年始のコンサートを、昨年ついに休演。剛の体調不良と発表されましたが、剛は昨夏から『ENDRECHERI』名義で個人活動を始動しており、なぜキンキのコンサートだけできないのかと、ファンからは不満の声が上がっていました」(芸能関係者)

 光一も最近はミュージカルの活動が目立ち、後輩グループ・Hey!Say!JUMPの台湾コンサートの演出を担当するなど、裏方業にも精力的。いよいよ、解散の時が迫っているように思えてならない。

 40歳を迎え、恩師のジャニー喜多川氏も亡くなった今、2人がどんな選択をするのか、しばらくファンはヤキモキさせられそうだ。

最終更新:2019/10/15 09:32
こんな記事も読まれています

堂本剛が自らの”ジャニーズ人生”を完全否定! KinKi Kids解散がカウントダウン突入のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

チュート徳井、巨額脱税で芸人生命終了へ

”板東英二超え”の巨額申告漏れで、売れっ子芸人がテレビから消える!?
写真
人気連載

チュート徳井は悪質なやり方か

今週の注目記事・第1位「森田健作、台風被害の最...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真