日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 杉浦太陽、イクメン受賞に猛反発

杉浦太陽、イクメンオブザイヤー受賞に反発の声「なにをもって?」「いつも出張でいないのに」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

杉浦太陽公式ブログより

 杉浦太陽が「第9回イクメンオブザイヤー2019」を受賞したことを報告した。

 10月19日の“イクメンの日”制定を記念して作られた「イクメンオブザイヤー」。杉浦は通算3回目の受賞となった。

 杉浦は授賞式が行われた15日にブログを更新し、「3度目のイクメンオブザイヤーを受賞させていただきました」と報告。「恐縮な思いですが、本当に光栄な事です。ありがとうございました」と記し、「妻に感謝です」と、妻でタレントの辻希美に向けた感謝の言葉もつづった。

 さらに杉浦は、「思い返せば、ノアが生まれた頃は、男性がベビーカーを押したり、抱っこ紐をしている姿はほとんど見られませんでした…」と、長女が生まれた12年前は育児に積極的な男性はほとんど見られなかったというものの、「でも、今や街中で日常的に見られる光景…時代が動いているのを実感しております」と、“イクメン”がもはや当たり前になっているとコメント。

 同じ父親の立場の男性に対し、「夫婦で助け合って育児をするのが、『あたりまえ』の世の中になることを願っています」といい、「『父親』である事を楽しんでいきましょう」と呼びかけていた。

 しかし、この投稿にネットからは、「昔からちゃんとやってる人はいる、自分がキッカケ与えてるみたいな言い方…」「なにをもってイクメンなんだろ?出張とかも多いのに」「この前台風のとき出張でいなかったのにイクメンって言われても…」「いつも出張でいないのに」といった反発の声が飛び交っている。

 芸能界を代表する“イクメン”とも言われている杉浦だが、納得のいってないネットユーザーも少なくないようだった。

最終更新:2019/10/16 10:30
関連キーワード

杉浦太陽、イクメンオブザイヤー受賞に反発の声「なにをもって?」「いつも出張でいないのに」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

青木真也が語る、コロナ禍での海外遠征

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキ...
写真