日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 石橋貴明ネットで炎上しないワケ

石橋貴明のフォロワーが31万人超に! “元祖嫌われキャラ”でもネット上で炎上しないワケ

石橋貴明

 とんねるずの石橋貴明がインスタグラムデビューしてから約4カ月。

 SNS未経験である石橋の初投稿にファンからは、「タカさん、待ってました!」「ずっと大好きです!フォローさせていただきました!」と、2,000件を超える喜びのコメントが殺到し、現在もフォロワーは31万人と、着々と新規ファンを獲得している。

 しかし石橋といえば、以前から「嫌いなタレントランキング」の上位に常にランクインしていた“元祖嫌われキャラ”であったはず。もし、本当にアンチが多く存在するのならば、なぜ石橋のSNSだけはネット上で炎上しないのだろうか。

「当時、彼を嫌っていたのは、現在60から70代のオジサマ世代です。その頃は、過剰な演出があるとすぐにテレビ局へ抗議の電話が殺到した時代ですが、インターネットが主流となり、様々な情報を目にしている今の若者は、石橋のキャラをテレビのための演出とわかって楽しんでいるようですね。かつてのアンチはネット上に生息しておらず、そのため石橋の言動が炎上とは無縁になっているのでしょう」(スポーツ紙記者)

 かつて大ヒット曲を連発した人気音楽グループ・野猿の元メンバーと再びユニットを組んだ石橋は、さらに新たなファンを開拓しそうな勢いだ。

最終更新:2019/10/22 12:00
こんな記事も読まれています

石橋貴明のフォロワーが31万人超に! “元祖嫌われキャラ”でもネット上で炎上しないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

『つけびの村』著者インタビュー

 2013年7月21日、山口県周南市の限界集落で起きた連続殺人放火事件。集落の住人だ...
写真