日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > 石田ゆり子、本当は気が強い!?
テレビ辛口研究所

石田ゆり子は「天然」「ポンコツ」じゃない!? マスコミ関係者が明かす真逆の素顔「相当、怖い……」

石田ゆり子公式インスタグラムより

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気の女優・石田ゆり子。しかし、人気者ゆえに、その「かわいさ」に対する違和感の声も実は少なくない。

 話題となったのは、10月16日放送の『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)だ。これは2016年の初回以来、不定期に放送されているスペシャル番組の第4弾。2人がスナックのママになり、店を訪れた有名人ゲストをもてなすという設定だ。

 冒頭で石田は、大きな黒縁メガネをかけ、“ひょっこりはん”に扮して登場。生ビールを注ぐのが苦手な石田に、ゲストのムロツヨシがわざと生ビールを注文すると、「(いつも飲むのは)ビールじゃないはず」と困った表情を見せ 、仕方なく注いだはいいが、泡はほとんどなく、注ぎ口をビールに水没させてしまう。

 また、ゲストに豆をぶちまけたり、たどたどしい手つきでグチャグチャの“ちくわ料理”を振る舞ったりする姿には、SNSで「石田ゆり子可愛すぎでしょ笑」「チーママ(石田ゆり子)ポンコツで可愛い」「癒やされる」「石田ゆり子さん、一言喋るたびにマイナスイオン出てる気がする」などの声が続出していた。

 しかし、その一方で、「かわいすぎる50歳」の“天然”ぶりに対して懐疑的な見方をする者もいるようで、SNSやネットの掲示板では以下のようなコメントが多数見られた。

「可愛い!? 観ててイライラするの私だけか?」

「この番組好きなんだけど石田ゆり子が時々ぶりっ子出してくるのがちょっと苦手」

「女優の石田ゆり子だから魅力になってるが、アラフィフであそこまでクネクネした女性、わたしは見たことないかも」

「インスタ見てるだけなら良いけど、この番組の石田ゆり子って天然を装ってるように見える時があるし、もしあれが素に近いなら、身近にいたら相当イライラしちゃう」

「特にファンじゃなかったけど、あのいらいらマックスいい歳してぶりっ子全開訳わからん石田ゆり子をよそに淡々と番組進行する天海祐希が本当に素敵な大人の女性に思えた。流石元宝塚トップスター」

 果たして本人は「素」で「天然」で「ポンコツ」なのか? それとも「ぶりっ子」なのか?

 彼女を何度も取材しているという女性誌の記者は言う。

「石田さんは、天然でもポンコツでもなく、むしろ相当気が強い女性ですよ。曲がったことは嫌いで、自分の意見をストレートに言うことから、怖い印象を持つ方もいるとは思いますが、しっかり者の大人の女性なんです」

 また、週刊誌の編集者は言う。

12
こんな記事も読まれています

石田ゆり子は「天然」「ポンコツ」じゃない!? マスコミ関係者が明かす真逆の素顔「相当、怖い……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...
写真