日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 永野芽郁 殴られる夢の意味

お相手は山﨑賢人? 真剣佑? 永野芽郁の「殴られる夢」は誰かに告白される前兆だった!

スターダストプロモーション公式サイトより

 意外にいい夢だったのかもしれない?

 10月28日、女優の永野芽郁が自身のツイッターを更新。「ひゃー最近怖い夢ばかりみる」と明かした。

「この日、永野が見た夢は『すっごい痛くない棒で頭コツンコツンされてる夢』だったそうで、自身も『もうーどんな夢ーそれー』と呆れた様子でツッコミを入れていました。公開されている写真では、マスク姿の彼女がハイネックのジャージらしきトップスに顔をすっぽりと収めており、よほど怖かったようです。そのため、ファンからは『ゆっくり休んでください』『大丈夫?』『疲れてるんじゃないですか?』といった心配の声が上がりました」(スポーツ紙記者)

 2020年3月に公開予定の映画『仮面病棟』に出演することも発表されている永野。今やドラマ、映画、CMにと引っ張りだこだけに、疲れが溜まっているのかもしれない。しかし、彼女が見た夢を分析すると、思いがけない好診断となった。

「多くの夢占いでは、『殴られる夢』は吉夢となっています。しかも、誰かからの愛情や好意を受けることを意味していて、殴った相手が異性であれば、告白やプロポーズなどのアプローチを受ける前触れかもしれないそうです。永野といえば、最近では映画で共演した山﨑賢人、新田真剣佑と番宣で行動することが多く『モテる女はつらいな~!』とまんざらでもない表情を浮かべ、『実際にこの2人だったらありがたいなと思います』と公開告白までしている。浮いた話がないだけに、そろそろ熱愛スキャンダルが発覚するかもしれません」(同)

 たかが夢だが、写真週刊誌が彼女を徹底マークしそうだ。

最終更新:2019/10/31 22:22
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed