日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > TKO木下、後輩パワハラに騒然

TKO木下、団長安田への“パワハラうんこ”に視聴者が騒然「須磨の教師いじめと同レベル」

TKO

 下手な言い訳により、視聴者の嫌悪感が増幅されてしまったようだ。

 10月29日放送のバラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が、「後輩にちゃんと慕われてる? 相思相愛ウラ取りグランプリ」を開催。出演者のTKO・木下隆行にドン引きする視聴者が続出した。

「木下は最も可愛がっている芸人1位に安田大サーカス・団長安田を挙げたのですが、団長のほうは慕っている先輩芸人で木下を9位に選出。その理由として、『(木下は引越しの際に)引越し屋を呼ばず俺だけにさせたりとか……。自分は全然(荷物を)持たない』と苦言。さらには『トイレの大きいほうに1人で行くのが嫌なんですよ、あの人』と、木下がドアを開けたまま用を足すところを団長に見てもらっていたことまで暴露していました」(テレビ誌ライター)

 団長は目を潤ませながら真剣なテンションで主張していたため、視聴者も「フツーに頭おかしい人やん」「うわぁ引くわ」と絶句。また、多く聞かれたのが“あのニュースと重なった”という声だった。

「木下は『当時、自分は面白いと思っていたんやろな。それが嫌がっていたと知ってびっくりしている』と語っていましたが、これは典型的ないじめている側の言い分です。ネット上では『木下と東須磨の教師が重なる』『TKO木下、教師いじめの女教師みたい』との声が続出。神戸市須磨区の小学校で、20代の男性教員が同僚の教員4人からいじめや悪質な嫌がらせなどを受けていた事件を彷彿とさせたようです」(週刊誌記者)

 木下は先日も後輩の顔面にペットボトルを投げつけたことが報じられており、「パワハラタレント」のイメージがついてしまったことは否めない。今後、バラエティ番組での仕事は激減しそうだ。

最終更新:2019/11/01 10:30
こんな記事も読まれています

TKO木下、団長安田への“パワハラうんこ”に視聴者が騒然「須磨の教師いじめと同レベル」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真