日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 優樹菜騒動、地方番組が存在感

木下優樹菜騒動で『めんたいワイド』が存在感! 大絶賛されるも、山口真帆報道では…

木下優樹菜

 意外な番組に注目が集まっている。

 木下優樹菜がタピオカ店の女性店長を「いい歳こいたばばあ」「おばたん」といった中年女性を侮辱しながら、「事務所総出でやりますからね」と“恫喝”していた事件は、いまだ炎上が続いている。“燃料”となっているのが、一向に大手メディアが報じていない点だ。

「ヤフーニュースで検索しても、テレビ局やスポーツ紙は一切、この件を取り扱っていない。文字通り、事務所総出で報じないようにお願いしに回っていたようで、ディレクターがやりたいと言っても上から止められる状況のようです」(芸能記者)

 松本人志、和田アキ子、上沼恵美子、太田光など芸能界の御意見番たちも沈黙しているなか、声を上げたのがFBS福岡放送の情報番組『めんたいワイド』だった。

「木下のタピオカ騒動を取り上げ、『なぜ 木下優樹菜 恫喝騒動 ネットニュースだけの怪』との見出しで紹介。ネット上でこれほど関心を示されているにもかかわらず、テレビでノータッチであることに疑問を投げかけ、明らかにおかしい状況であることを指摘していました。これには視聴者からも、『めんたいワイド有能すぎん?』『攻めてるな』と称賛の声が飛び交っています」(週刊誌記者)

 同番組はNGT48の元メンバー山口真帆への暴行事件についても報道。主犯格とされた男性と山口が、2人で仲良くポーズを取っている衝撃写真をスポーツニッポンが報じたことも紹介したのだが、こちらは視聴者からは批判が殺到することに。

「番組ではスポニチ記事を紹介し、山口を名指しの上、表に出てきて説明しろと要求。しかし、この件は山口本人が即座に『名誉棄損すぎる』と反論。要求されたポーズを頼まれてしただけだと激怒していました。そのため、視聴者からも『めんたいワイドの報道が酷い』『まほほんが繋がってるみたいな報道していて腹立つ』『地方局だったらなんでも言っていいの?』とフルボッコ状態となっています」(前出・週刊誌記者)

 ともあれ、福岡のローカル局が存在感を示したのは間違いない。それを見ても、ご意見番たちは今後もだんまりを決め込むのだろうか?

最終更新:2019/11/05 11:24
こんな記事も読まれています

木下優樹菜騒動で『めんたいワイド』が存在感! 大絶賛されるも、山口真帆報道では…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真