日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宇垣美里が台本に激怒したワケ

木下優樹菜とは違う? 宇垣美里が台本に書いてあった自身の発言に激怒したワケ

宇垣美里

 フリー転身後は、何かと叩かれながらも順風な仕事ぶりを見せている元TBSアナウンサーの宇垣美里。11月1日にはP&Gが展開する新製品『レノアビーズ』のCMが全国で放送されるなど、着実に活動の幅を広げている。

 そんな宇垣に関しては見た目の可愛らしさとは裏腹に、その毒舌ぶりがクローズアップされがちだ。

「10月29日放送のラジオ番組では、局アナ時代に担当したスポーツバラエティで、選手の後ろに道がなく前を通って怒られた話を披露。『お前、じゃあ、そこ(後ろの狭い空間)通ってみろよ』と思っていたことを告白しました。彼女は時折、『お前』という言葉遣いをすることがあり、ネット上では『ヤンキーまる出し』『木下優樹菜と同類?』『元女子アナの発言とは思えない』と、不快感を覚えたという書き込みが続出しています」(スポーツ紙記者)

 バラエティでの言動などから「武闘派」「攻撃的」「あざとい」といったイメージが定着しつつもある宇垣だけに、こうしたキャラを制作サイドが求めたくなるのも必然だ。しかし、中には宇垣が激怒した台本もあったという。

「発売中の『週刊プレイボール』(集英社)の連載コラムによれば、ある仕事で、他人の容姿をおとしめるような発言が宇垣の言葉として台本に書かれていた。それに対して宇垣は、『誰かを踏みつけ傷つけてまで笑いたいと思うほど私は恥知らずではない』と憤り、『ああ、私はこんな発言を投げかけてもいい存在だと思われているのか』と絶句しています」

 木下優樹菜は「タピオカ騒動」で、「いい歳こいたばばあ」「おばたん」と中年女性を侮辱する発言を繰り返していたが、同じ武闘派キャラでも宇垣は「良識派」のようだ。

最終更新:2019/11/04 10:00
こんな記事も読まれています

木下優樹菜とは違う? 宇垣美里が台本に書いてあった自身の発言に激怒したワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真