日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 宇垣美里、ビンタ・セット蹴り

安住アナも不快感! 宇垣美里「TBS同期にビンタ」「セット蹴り飛ばし」狂暴な余罪発覚

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

オスカープロモーション公式ホームページより

 選べるほど仕事が来るのはいつまで? 

 7月18日放送の『グサッとアカデミア』(日本テレビ系)に元TBSアナの宇垣美里が出演。フリー転身後の悩みを明かした。

「番組では今年3月にTBSを退社した宇垣が、コスプレや執筆活動で話題になったことを紹介。これを受け、彼女は『これからどうやってお仕事を選んでいけばいいのかな』『どういう風な姿勢でやっていけばいいのかな』というのが最近の悩みだと話し、今後の方向性に迷っているといいました。そんな宇垣に対し、出演者の林修は彼女のイメージが『好きなことをやっている』『我慢をしないで会社を辞めた』というイメージがあるとしたうえで、スタジオにいた水卜麻美アナを引き合いに出し、“辛抱”することが大事だと助言していました」(テレビ誌ライター)

 宇垣といえば、TBS時代に番組降板を告げたプロデューサへの「コーヒーぶちまけ事件」や、加藤浩次に暴露された「台本投げつけ事件」など、とかく癇癪を起こす狂暴な素顔が話題を呼んだばかり。

 そんななか、7月23日発売の「アサヒ芸能」(徳間書店)では、彼女のエキセントリックな過去の言動がまたぞろ掘り起こされている。

「記事によれば、彼女は新人時代に同期の女子社員を些細ないざこざから敷地内で思い切りビンタしたり、数年間に渡ってスタッフを無視し続けたことも。さらに、打ち上げで勘定を払わず勝手に帰ったり、不機嫌になって収録のセットを蹴って大道具を激怒させたこともあったとか。先日出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にて、コーヒー事件が表に出たことに宇垣が『(TBSの)民度が低い』と発言した映像を観たTBS時代の先輩・安住紳一郎アナは、目頭を押さえながら不快感をあらわにしていたといいます」(週刊誌記者)

 アンチが急増している宇垣。TBSでは「出禁にしろ」との声も上がっているといい、フリー後もこうした性格が表に出れば、仕事はすぐに激減しそうだ。

最終更新:2019/07/26 12:02

安住アナも不快感! 宇垣美里「TBS同期にビンタ」「セット蹴り飛ばし」狂暴な余罪発覚のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真