日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 工藤静香、中国滞在匂わせが不評

工藤静香、Koki,のサポートで中国滞在を匂わせる投稿に大ブーイング「アピールが痛々しい」

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 工藤静香がインスタグラムにアップした小鳥の写真に冷ややかな反応が集まっている。

 工藤は7日にインスタグラムを更新し、「何か胸キュンしませんか?」と呼びかけ、「ラブバード」と呼ばれるインコの写真を披露した。

 工藤は写真を2枚投稿しており、1枚は籠に入ったインコのアップの写真。2枚目は引きで撮られていたが、中国らしい模様が刻まれた空間となっており、工藤は「たまらな~い」「さあ、みんなでキュンキュンして下さい~」とつづっていた。

 この投稿に工藤のインスタグラムには、「かわいい!キュンキュンします!」「キュンキュンしました~」という同意の声が集まっていたが、一方でネット上では、「一緒に中国行ってたアピールが痛々しい」「Kokiのお付きで中国からってこと?」「インコにキュンキュンはしない」という苦言が集まってしまった。

 実はこの投稿があった前日6日は、Koki,が中国のスターであるクリス・ウーのMVに出演することが発表になったばかり。そのロケのために中国に行ったことをアピールしているのでは、といった憶測がネットユーザーの間で広がっていた。

 自身の歌手活動と並行し、次女でモデルのKoki,のサポートをしている工藤だが、それを匂わせる投稿は不評を買ってしまったようだ。

最終更新:2019/11/08 22:10

工藤静香、Koki,のサポートで中国滞在を匂わせる投稿に大ブーイング「アピールが痛々しい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

『ポップスター』無垢な少女の変貌

 炎上タレントと呼ばれる人たちがいる。一般モ...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真