日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 工藤静香のインスタ文に下品批判

工藤静香、愛犬に対しての余計なコメントに批判殺到「わざわざ書く意味ある?」「本当に下品」

インスタグラム:工藤静香(@kudo_shizuka)より

 工藤静香が7日、自身のインスタグラムを更新した。

 工藤といえば先日、「チャリティーの絵画制作中締め切り間近!ファイト!!」とつづり、頬杖をついて微笑む姿を披露。その後ろには現在制作中と思われる絵画が写っており、ファンからは「しーちゃんの描く、平面的要素と立体的要素を交えた絵が、面白く、魅力的で好きです」「最高な作品になりますように…」などのあたたかい声が寄せられたばかり。

 そんな工藤はこの日、「会う度に走り寄り、私の足にしがみつき、顔をスリスリしてくれるワンちゃん 可愛くて撫で撫でしたらアムちゃんがなんと!威嚇をしてその子をどかし、マネをしようと試みました笑笑」とつづり、多くの犬に囲まれた姿を披露。写真には犬が工藤の足にしがみついている様子が写っており、これに対して工藤は「注、腰を振られている訳ではありません」とコメントを添えた。

 そのため、ネット上からは「腰を振られているわけではありませんってコメントいらないよね?」「動画じゃないから腰振られているとか振られていないとか分からないのにわざわざ書く意味ある?」「本当に下品だよね…」「犬は可愛いのにそのコメントが不快だわ」など批判の声が集まっている。

 写真では腰を振られているようには見えないため、わざわざそのコメントを添える必要があったのかと疑問に思った人もいたようだった。

最終更新:2019/10/09 10:30
こんな記事も読まれています

工藤静香、愛犬に対しての余計なコメントに批判殺到「わざわざ書く意味ある?」「本当に下品」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真