日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 不倫報道千原せいじ、もっと多い

千原せいじ、不倫相手はまだまだ出てくる!? 「不倫のために仕事をしている」と関係者証言

千原せいじ

 40代の元AV女優との不倫を「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた千原せいじ。今年に入って2度目の不倫報道となる。

 1度目の不倫をスクープしたのもやはり「週刊文春」だった。今年5月に20代の女性と名古屋でデートしている様子を報じられた。そして、2度目となる今回は、千葉のプライベートコテージで一夜を共にしていたという。

 とにかくモテまくりのせいじだが、お笑い業界ではせいじの不倫は有名だったようだ。せいじの私生活を知るお笑い業界関係者はこう話す。

「せいじさんは不倫ばっかりしていて、相手も1人や2人ではない。そもそも、1回目の不倫報道の時も、本命の愛人は別にいて、報じられたのは“遊びの愛人”ですからね。本妻を1とするなら、本命の愛人が2で、報じられたのが3か4。ちなみに、今度の不倫報道の相手も“本命の愛人”ではなく、3か4らしいです」

 前回の不倫報道の舞台となった名古屋には、せいじが経営する会員制のバーがある。

「会員制のバーというよりは、せいじが女性と会うための場所みたいなもの。営業しているバーにせいじが遊びに行くということではなく、内輪の飲み会があるときに、その場所が提供されるという形に近いのかも。基本的に利用するのはせいじさんや芸人仲間たちとそのお相手のみで、弟のジュニアさんも、そこで女性と会っているらしいですよ」(同)

 どうやら、不倫のために相当な労力と財を費やしていたと思われるせいじ。

「何人もいる不倫相手たちと会うために、上手にスケジュールを管理しているのだとか。とにかく不倫ライフを楽しむために、芸人として働いているようなものですよ。奥さんの方も黙認しているという状況で、不倫報道が出たとしても、本人は痛くもかゆくもないんでしょう」(同)

 しかし、不倫報道はあまりにもイメージが悪い。本人はあっけらかんとしていても、さまざまな面で悪影響が出る可能性が高い。

「まず、レギュラー番組のスポンサーはいい顔をしないでしょう。制作サイドにも要注意人物だと認識されて、起用が減る可能性も高い。家族が不倫をOKにしていても、はたから見れば“モラルがない人”ですからね。調子に乗っていると、そのうち普通に干されてしまうと思います」(テレビ局関係者)

“2度あることは3度ある”というが、せいじの不貞行為はこれで終わるようなものではなさそう。芸人人生を棒に振るようなことにならなければいいが……。

最終更新:2019/11/19 13:07

千原せいじ、不倫相手はまだまだ出てくる!? 「不倫のために仕事をしている」と関係者証言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真