日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 熱血!”文化系”スポーツ部  > 侍ジャパン世界一の裏に野村克也?
熱血!”文化系”スポーツ部

侍ジャパン10年ぶりの世界一奪還の裏に、野村克也のID采配?

文=オグマナオト

侍ジャパンオフィシャルサイトより

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、時に番組や局を横断して視聴することで見えてくる深みがある。

 野球やサッカー、今年でいえばラグビーW杯のような注目競技の場合、各番組で解説者が「考察」や「論」を示してくれる。ただ、元選手や名将といっても、すべてを的確に解説できるわけではない。時には“推論”で語り、それが外れている場合がある。

 ダルビッシュ有など「モノ言う選手」の場合、自らのSNSなどを使って「(○○が)あんなこと言ってましたけど、全然そんなことないですよ」といったアンサーを示してくれて、その「答え合わせ」が楽しくもある。

 そして、選手自身が発信しなくても、時にこの「答え合わせ」を偶然、他局のニュースがしてくれることがあるのだ。そんな象徴的なシーンが、侍ジャパンをめぐるニュースであったので記しておきたい。

 事の発端は、『S★1』(TBS系)でのノムさんこと野村克也氏の解説から。16日に行われた世界野球プレミア12、スーパーラウンド第4戦の日本対韓国戦でのこと。この試合では日本の先発、岸孝之(楽天)が6失点。結果的には10対8の乱打戦を制して侍ジャパンが勝利したわけだが、翌日に連夜の韓国戦(決勝戦)を控え、「こんなに打たれて、日本の投手陣は大丈夫?」と思ったファンも多かったはずだ。

 そんな視聴者の声を代弁したのか、この日の『S★1』名物「ノムさんぼやき解説」では、バッテリーへの苦言が目立つ形に。実際、投手の配球について、こんなコメントがあった。

「このキャッチャー、インコース好きだね。インコースを攻めるのが強気、とキャッチャーは勘違いしちゃいかん」

 翌17日の決勝戦。先発の山口俊(巨人)は初回に打ち込まれてマウンドを降りたものの、その後を受けた救援陣が見事な継投。侍ジャパンが10年ぶりに世界一を奪還した。

 興味深かったのが、優勝から一夜明けた18日の『報道ステーション』(テレビ朝日系)スポーツコーナーでの一幕だ。この日は侍ジャパンの稲葉篤紀監督が生出演し、今大会での戦いぶりや采配の裏側について、稲葉監督自らが“名将解説”。その中で、ノムさんがぼやいた「岸のインコース攻め」が話題になった。

「岸投手から、インコースをどんどん攻めたほうがいいですか? と提案があったんです」と明かした稲葉監督。つまり、ある意味で消化試合になってしまった16日の韓国戦で相手打線を抑えることよりも、翌日の決勝戦を見据えて「韓国にインコースを意識させる」という、あえての配球だったわけだ。

「自分の投球よりも、チームのために自分が犠牲になって、布石を打ってくれたんです」という稲葉監督の言葉に、「ノムさん、聞いてますか」と言いたくなった次第。侍ジャパンの監督に就任するまで、解説者として籍を置いていた古巣の『報道ステーション』だからこそ、稲葉監督もここまで明かしたのかもしれない。

 でも、よくよく考えれば、ノムさんならば「あえてのインコース攻め」なんて当然わかっていそうなもの。思い出すのは1995年の日本シリーズ、ヤクルト対オリックスでの野村ID采配だ。

 ヤクルトを率いていた当時の野村監督は、オリックスのイチローを封じるため、シリーズが始まる前からメディアを使っての情報戦を展開。「イチローを封じるには、内角を攻めずしてありえない。内角を攻める。内角を生かす。内角を意識させる」と公言(※「スポーツ報知」より)することで、あえてイチローにインコースを意識させ、天才バッターの調子を崩して日本一を手にした。

 あの日本シリーズを、ヤクルトの選手として直々に学んだ稲葉監督。その率いるチームが「あえてのインコース攻めを実践した」という点も、なかなかに味わい深い。

(文=オグマナオト)

最終更新:2019/11/21 14:00

侍ジャパン10年ぶりの世界一奪還の裏に、野村克也のID采配?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真