日刊サイゾー トップ > スポーツ > 格闘技  > テコンドー金原会長、カツラ疑惑

テコンドー協会・金原会長、復権は厳しいが「カツラ疑惑」検証企画でテレビ進出も!?

文=岡本ノボル

全日本テコンドー協会の金原昇会長

 全日本テコンドー協会の金原昇会長。この秋、日本ボクシング連盟・山根明元会長に次ぐ格闘技界の名物キャラとして、お茶の間を賑わせた人物も今月で見納めになってしまうのか――。

 今年9月、全日本テコンドー協会の強化体制に不満を持つ協会の一部の理事やトップ選手たちが起こしたクーデターは、金原会長を含む理事の総辞職という事態に追い込んだ。今後、会長に再任されるかは今月末までに決まる予定で、金原会長も再任を目指しているが、そこには暗雲が垂れ込めている。

 ある協会関係者は、テコンドーというスポーツの特色についてこのように述べている。

「実は、テコンドー界内部には、国と国の戦いがあるんです。会長のルーツは朝鮮半島にあり、そもそもは北だと一部で取り沙汰されていますが、仮にそうだとして、実はこのスポーツの関係者には南の出身者が多い。テコンドーは、日本の空手をベースに独自に発展し、半島から輸入されてきた後発のスポーツ。ゆえに国内のテコンドー界でも、政治的な動きがあると、南北に分かれて、民族的な結束を見せるものなんです」

 朝鮮半島に引かれた北緯38度線は、さまざまな問題で団結や対立を生むケースがあるが、今回はそうした点に加えて、損得勘定で動く人間模様もあらわになってきているという。

「会長についていくのを得策と思わない取り巻きたちが、静かに協会から抜けようとしている。特に会長の懐刀だったT氏はいつの間にか消えている」(前出・関係者)

 T氏とは金原会長の側近中の側近で、協会内で会長の意見を代弁するなど、一定の権力を持っていた人物だ。2013年の徳洲会事件でも暗躍した実力者ともいわれるが、金原会長を早々に見限ったようだ。

 復権を目指す金原会長はいまや孤軍奮闘状態で、協会の新しい理事を選定するために発足された検証委員会は、今月末までに会長の進退を判断することになる。

 検証委員会のトップである、弁護士の境田正樹氏は現在のところ、金原会長に不正はないと断言していて、金原会長も「私の顔が怖いからといって何が問題なのか」と声を荒げるが、選手たちから不信感を買い、これだけの騒動に発展させた責任を取らされる可能性は高い。もし、全日本テコンドー協会に新たな体制が成立すれば、一連の騒動も収束するだろう。

 しかし、このまま、金原会長が消えてしまうと、ひとつの疑問が解決されぬままになってしまう。それは、金原会長のカツラ疑惑だ。

12

テコンドー協会・金原会長、復権は厳しいが「カツラ疑惑」検証企画でテレビ進出も!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真