日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 美川憲一がエリカ批判でおまゆう

美川憲一、“大麻逮捕”の過去ありながら沢尻エリカ批判で「おまゆう祭り」になるも計算づく!?

美川憲一

 このツッコミが入るのは想定どおり?

 11月26日、歌手・美川憲一が4人組男装ユニット『Vipera』とコラボした新曲『いいじゃない~自由通り』の記念イベントを都内で開催。合成麻薬MDMAを所持していたとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕された沢尻エリカ容疑者についてコメントした。

 美川は沢尻容疑者の逮捕について、「精神のバランスが非常に悪かったんだと思う」「でもこれでほっとしたんじゃないか。仕事で追い詰められていたのを、クラブ行って発散して……の繰り返しだったと思うから」と語り、薬物使用について「芸能界の仕事に対しての裏切り行為。しっかり受け止めて、反省してほしい」と厳しい口調で言及した。

「しかし、当の美川が77年と84年に大麻取締法違反での逮捕歴があることから、ネット上では『お前が言うな』のコメントで溢れかえり“おまゆう祭り”に。『面の皮が厚いな』『経験者として発言求められてるのわかってるか?』『ネットで取り上げられたいからワザと言ってる?』『世間はもう忘れてると思ってんのか?』といった辛らつなコメントが連打されています」(スポーツ紙記者)

 人気歌手だった美川は、2度の逮捕で芸能界に居場所がなくなり、長らくドサ回り生活を余儀なくされてきた。しかし、タレント・コロッケがものまねしたことで人気に火がつき、奇跡の復活を果たしている。

「美川は番組で逮捕時を振り返ることもしばしば。『逮捕されてホッとした』『あの失敗で落ちるところまで落ちたから今がある』などと語っています。もしかしすると、沢尻への厳しい言葉が“おまゆうブーメラン”として注目を浴びれば、自身が薬物から芸能界にカムバックしたこともクローズアップされやすいと計算して、沢尻へエールを送っていたのかもしれません」(芸能記者)

 沢尻容疑者も、コロッケにものまねで奇跡を起こしてもらう?

最終更新:2019/11/28 11:59
関連キーワード

美川憲一、“大麻逮捕”の過去ありながら沢尻エリカ批判で「おまゆう祭り」になるも計算づく!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

さらば青春の光、コントの極みへ

 2008年に『キングオブコント』への参加を目指して結成され、結成10年目を迎えるお笑...
写真