日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 早期復帰消えた宮迫にプランB

さんまの激励会は不発…早期復帰がなくなった宮迫博之に「プランB」が浮上

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

明石家さんま

 復帰の時期はまだまだ先のようだ。

 11月25日に日本テレビ、26日にテレビ朝日、27日にTBSと定例社長会見が立て続けに行われたが、闇営業問題で吉本興業から契約を解除された雨上がり決死隊・宮迫博之については、いずれの社長も「出演の予定はない」と明言した。

「11月21に日に宮迫の後見人となっている明石家さんまが呼び掛けて、激励会『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに…そして白紙に戻った男を囲む会』が開かれました。会には宮迫の相方・蛍原徹のほか今田耕司、東野幸治ら約10人の芸人も参加。他に、宮迫が出演していた人気テレビ番組のプロデューサーらも多数出席していたことから、復帰が近いのではと注目されていました。一部では1月に公演される明石家さんまの主演舞台『七転抜刀!戸塚宿』での芸能界復帰もささやかれていましたが、さんまはラジオ番組で『出したいという感じだったんですけども…』と否定。メディアやスタッフの反応を見て、時期尚早と判断したようです」(芸能記者)

 年明け早々の復帰プランは仕切り直しとなったが、すでに「プランB」についての情報も飛び交っている。テレビ関係者が明かす。

「来年の春ごろにも、さんまの別の舞台公演に出演する噂があります。それは、00年に初演され、さんまの演劇初出演作として注目を集めた『七人ぐらいの兵士』。俳優の生瀬勝久が脚本を手掛け、2015年にも再演されています。この舞台は日テレが噛んでいるようで、激励会の受け付けも日テレ関係者が行っていたそうですから、宮迫の復帰の場となる可能性はありそう。テレビ復帰となれば世間の注目を浴びて高視聴率が期待できるだけに、唾をつけておけば旨味は十分ですからね」

 となれば、テレビ復帰の一番手は『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)?

最終更新:2019/12/03 11:51

さんまの激励会は不発…早期復帰がなくなった宮迫博之に「プランB」が浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真