日刊サイゾー トップ > 海外  > 出稼ぎベトナム人女性が性奴隷に

同郷人にだまされ……台湾で急増する出稼ぎベトナム人女性の性奴隷化

ランジェリー姿で四つんはいにさせられるアーインさん(「中時電子報」より)

 近年、日本に長期滞在するベトナム人の数が増えているが、それはお隣台湾でも同じだ。中華民国内政部及行政院主計統処の統計によると、2019年10月現在、台湾に居留するベトナム人は23万2,058人で、国別ではインドネシアに次いで第2位。不法滞在者を含めると、その数はもっと多くなるだろう。それだけ台湾に魅力があるということだが、中には過酷な現実を目の当たりにするベトナム人も少なくないようだ。

 台湾メディア「中時電子報」(11月12日付)によると、ベトナム人のアーインさん(仮名)は昨年、台湾でネイルと美容の仕事に従事し、いくつかの店舗を経営しているラージャオと名乗る女性と知り合った。ラージャオはちょうどベトナムに里帰りしているところで、全身ブランド品をまとい、羽振りがよかった。そんな彼女から「よかったら、台湾のうちの店でネイル技術を習得しないか」と誘われ、航空券や生活費など、1人当たり20万台湾ドル(約72万円)の借金を立て替えてもらい、アーインさんは同郷人5~6人と共に台湾へ向かった。

 期待に胸を膨らませ、飛行機を降り立ったアーインさんだったが、そこから地獄の日々が始まる。空港で出迎えた屈強な男たちの案内で寮に到着すると、男たちはセクシーな下着をいくつか出してきて、それに着替えるよう強要。アーインさんが拒否すると、平手打ちと蹴りを見舞われ、男たちの前で震えながら着替えるしかなかったという。その後、わいせつな写真を撮られ、部屋に監禁状態となった。そして、毎日のように部屋を訪れる見知らぬ男に犯される日々が続いた。逃げ出そうとするも見つかり、そのたびに暴行を受けた。しかしそれでもあきらめず、3月のある日の明け方、とうとう脱出に成功した。

 ところが、話はこれで終わらない。アーインさんは現地で知り合った別のベトナム人の紹介でネイルサロンで働き始めたが、ある日路上で、売春組織の男にばったり出くわしてしまう。車で追いかけ回されるも、なんとかネイルサロンまで戻ってきて助けを求めた。オーナーが警察に通報し、ようやく危機を脱することができたのだった。

 警察の調べによると、アーインさんと同じようにラージャオにだまされ、被害に遭ったベトナム人女性は10名以上おり、一様に20万台湾ドルを借金させられ、返済の名目で売春をさせられたという。客は1回3,000台湾ドル(約1万800円)を払い、取り分は売春組織と半々ということになっていたが、実際には利息が発生するので、永遠に返済が終わることのない仕組みになっていた。まさに性奴隷そのものだ。

 台湾では売春で捕まるベトナム人が少なくなく、こうした事件は氷山の一角にすぎないだろう。当局による厳しい摘発が望まれる。

(文=大橋史彦)

大橋史彦(ライター)

福島生まれ埼玉育ち。ライター。法政大学卒業後、06年に中国に移住。現在は埼玉と中国を行き来する。

おおはしふみひこ

最終更新:2019/12/03 18:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』忯子の死去と貴族の葬儀

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真