日刊サイゾー トップ > 海外  > 中国ハイテク先端都市は楽園かソドムか

日給1600円で衣食住+女性も買える⁉ ハイテク先端都市・深圳に集う中国の若者たちのお気楽生活

日給1600円で衣食住+女性も買える⁉ ハイテク先端都市・深圳に集う中国の若者たちのお気楽生活の画像1
三和人力市場のある一角

 つい1~2年前まで、中国広東省の深圳といえばハイテクの最先端都市として、日本のメディアでももてはやされていた存在であった。しかし、日本人の対中感情の悪化やコロナ禍もあり、最近ではそんな話題が出てくることもほとんどなくなった。そんな深圳が、大発展を遂げた今も、堕落した生活を送る青年たちの楽園になっていると、香港の新聞「アップルデイリー」が伝えている。

 深圳といえば、かつては電気製品を中心とした製造業の中心地で、中国全土から多くの若者が出稼ぎに来ていた場所である。しかしその後、中国が経済発展を遂げ、ほこりっぽい町だった深圳は大都市へと変身した。

 一方、田舎から出て深圳に働きにくる若者たちも、大きく変貌した。彼らの親世代は工場での残業もいとわず、自分のために使うお金はわずかで、あとは貯金するか田舎の両親にすべて送金していたが、その子どもの世代である今の若者たちのなかには、そういった苦労を嫌い、高い学歴もないため明るい将来も見えないことから、自堕落な生活を送る者が多く出ている。

日給1600円で衣食住+女性も買える⁉ ハイテク先端都市・深圳に集う中国の若者たちのお気楽生活の画像2
網咖(ネットカフェ)で1日を過ごす若者たち

 彼らは深圳の工場エリアに来ても、真剣に職探しをすることもなく、日がな一日、ネットカフェに入り浸ってネットゲームばかりをしている者も多い。そんな彼らは中国では「三和ゴッド(三和大神)」と呼ばれている。「三和」は深圳の工場地帯にある人材雇用仲介市場の「三和人力市場」から来ており、彼らはこのエリアに住んでいることが多いからである。

 この「三和ゴッド」の存在は、「1日仕事して3日遊ぶ」若者たちとして中国ではすでに5年ほど前から知られており、日本でも2018年にNHKがドキュメンタリー番組で大きく取り上げている。

 深圳は10年以上も前から、製造業の中心地を脱し、ハイテクや研究開発、金融ビジネスの都市へと変わっていくことを進めていた。その発展した最近の姿は、これまで日本のメディアでも数多く紹介されてきた。その一方で、「三和ゴッド」たちは今も深圳の片隅でくすぶり続け、「1日仕事して3日遊ぶ」生活を送り続けている。

12
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真