日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ドクターX、次回は最低更新も

『ドクターX』松本まりかの怪演実らず視聴率ダウン、次回は川谷絵音ゲスト回でワースト更新の恐れ

テレビ朝日公式サイトより

 米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズ(テレビ朝日系、木曜午後9時~)の第8話が5日に放送され、視聴率は17.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)で、前週より1.2ポイントダウンした。

 前回の第7話で、蛭間重勝病院長(西田敏行)の策略により、ニコラス丹下副院長(市村正親)が東京地検特捜部に逮捕された。そのため、第8話では「東帝大学病院には粛清の嵐が吹き荒れる」とのウワサが流れ、丹下派だった潮一摩手術担当外科部長(ユースケ・サンタマリア)と浜地真理内科部長(清水ミチコ)は戦々恐々とする。そんな中、蛭間院長が元ミス東帝大で、米ボストンハーバード医科大学では“失敗しないプリンセス”と称されていたとの触れ込みで、外科医局に中山麻里亜医師(松本まりか)を呼び寄せた。

 実際のところ、麻里亜は手術がヘタで、執刀医を担当しながら、難しい局面になると、色目を使って、助手に交代して押しつけるのだ。“失敗しない”理由がばれて、麻里亜のメッキがはがれてしまうという展開だった。

 どんなドラマに出ても、怪演ぶりを披露し、独自の世界観でブレーク中の松本が出演しても、視聴率は上がるどころか、今シリーズでは第5話の15.9%に次ぎ、ワースト2位の数字に終わった。恒例となった主要キャストの’お休み“は、第8話では市村、武田真治、鈴木浩介の3人だった。

 同ドラマも残り2回の予定。第8話までの平均は18.4%で、全話平均での5シリーズ連続大台突破はかなり厳しくなった。それどころか、次回(第9話、12日)では、第5話を下回り「自己ワーストを記録するのでは?」と、ネットを中心にザワついているのだ。

「次回予告で、ロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音が登場し、『「ドクターX」は好きだけど、川谷が出るなら見ない』といった主旨の声が続出しています。川谷はデビュー曲の再生回数9億回を誇る若きシンガーソングライターで、東帝大病院に極秘入院する役で出演するんですが、ベッキーとの不倫騒動によるイメージダウンがいまだに響いています。制作側がなぜ、よりによって川谷をチョイスしたのかわかりませんが、これで視聴率が落ちようものなら、責任者は切腹ものです。さらには清水ミチコの入浴シーンもあるようですが、そんなもの視聴者は求めてないでしょう」(テレビ誌記者)

 第8話は視聴率こそ悪かったものの、米倉と内田有紀のダブル入浴シーンが拝めて、男性視聴者を大いに歓喜させたが、次回第9話では、川谷の起用、清水の入浴姿公開が果たして、どう視聴率に影響を与えるだろうか。

 

最終更新:2019/12/06 21:25

『ドクターX』松本まりかの怪演実らず視聴率ダウン、次回は川谷絵音ゲスト回でワースト更新の恐れのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真