日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 明暗分けた女子アナランキング

好きな女子アナランキング、田中みな実と加藤綾子が勢いの差で明暗くっきり

田中みな実写真集公式(@minamitanaka_official)より

 オリコンスタイルが6日、年末恒例の「第16回好きな女性アナウンサーランキング」を発表。昨年2位だった弘中綾香(テレビ朝日)が首位に浮上し、同局の女子アナとしては初のトップに輝く快挙を成し遂げた。

 そんな中、クッキリ明暗を分けたのは、2位の田中みな実(昨年10位)と、10位の加藤綾子(同3位)のフリーの大物二人だった。

 3位以下の順位は、3位=有働由美子(フリー、同1位)、4位=大下容子(テレ朝、同7位)、5位=大江麻理子(テレビ東京、同6位)、6位=三田友梨佳(フジテレビ、同圏外)、7位=徳島えりか(日本テレビ、同5位)、8位=川田裕美(フリー、同4位)、9位=滝菜月(日テレ、同圏外)。

 水卜麻美(日テレ)は2017年に5連覇を達成し、殿堂入りしたため、ランキング対象外となっている。

 首位の弘中は5年間、『ミュージックステーション』のアシスタントを務めたが、17年10月から研究助手として出演している『激レアさんを連れてきた。』で持ち味を発揮。その愛くるしいルックスとは不釣り合いな毒舌で注目を集めて、昨年初めてのトップ10入りで、いきなり2位にランクイン。

 同番組は、4月より深夜から土曜のプライム帯に昇格したこともあり、人気がさらに上昇したようだ。場合によっては、人気が旬の今だからこそ、フリー転向に拍車がかかるかもしれない。

 2位の田中は“ぶりっ子キャラ”が災いし、アンチが多いため、これまで同ランキングで上位に食い込むことはなかった。しかし、今年はテレビドラマ『絶対正義』『モトカレマニア』(ともにフジ系)などに出演し、女優業に進出したところ、これが意外にも好評。13日には1st写真集「Sincerely yours…」(宝島社)を発売するが、露出もギリギリまでがんばったようで予約が殺到し、初版12万部が刷られることになり、こちらも話題を振りまいている。総じて、女性人気がアップしたとみられ、大きなランクアップにつながったようだ。ただ、評価を上げた要因は、“アナウンサー”の仕事とは別の部分であり、同ランキングの上位に顔を出すのは不自然な感があるのも確かだ。

 かたや、加藤は同ランキングでは上位の常連だったが、10位まで一気に順位を下げてしまった。その美貌と番組仕切り能力の高さで、男性から絶対的な支持を受けてきた加藤だが、4月から夕方の報道番組『Live News it!』(フジ系)のMCに就任。これまで、バラエティや情報番組で実績を積んできた加藤だが、初の報道番組に悪戦苦闘し、同番組の視聴率も伸び悩んだ。

 夕方だと、加藤の主たるファン層であるサラリーマンがまだ帰宅していないケースも多い。帯のレギュラーをもっていることで、ほかの番組への出演も減った。結果的には、同番組の出演オファーを受けたことで人気が劇的に落ちてしまったようだ。ライバルである田中に、その立場を逆転されたとあって、その胸中はさぞや悔しいに違いない。

 そのほかの順位では、昨年首位だった有働は3位に降下。依然高い人気は誇っているが、『news zero』(日テレ系)のMCを務めるようになり、報道向きではないことが明らかになっただけに、いずれ彼女に合った番組への転出も一考すべきだろう。

 初ランクインで6位に入った三田は、椿原慶子の産休に伴い、4月から深夜の報道番組『FNN Live News α』、日曜日の『Mr.サンデー』を担当。加藤と同様に、情報番組から報道への転出となったが、新たなフィールドで懸命にがんばる姿が好感度を上げたようで、加藤より上位に食い込んだ。

 9位に入った滝は、少々意外な感があるが、17年10月から担当している『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)での好感度がジワジワ上昇。水卜の後継者として、プレッシャーもあっただろうが、ここにきてようやく努力が報われた格好だ。

 “落選組”では、昨年8位だった井上あさひ(NHK)、9位だった宇垣美里(当時TBS)がトップ10から消えた。井上は4月から担当番組がゴールデン帯の『NHKニュース7』から、深夜の『ニュースきょう一日』に変わったことが原因と思われ、3月いっぱいでフリーに転向した宇垣は、CM出演こそあれ、テレビ番組への出演が極端に少ないことが要因と推測されるだけに、決して本来の人気そのものが落ちたとはいえないだろう。

 まさしく悲喜こもごもの結果となった、今年の「好きな女子アナランキング」。来年はどんなメンツが、どんな順位で並ぶか注目だ。

最終更新:2019/12/09 13:40

好きな女子アナランキング、田中みな実と加藤綾子が勢いの差で明暗くっきりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

ブレーク前夜!宮下草薙に聞く

 ハナコが「キングオブコント王者」に輝き、霜降り明星が「M-1」を制し……お笑い界を...
写真