日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 田中みな実、失楽園リメイク出演

田中みな実が「新・国民の愛人」に名乗り⁉ あの『失楽園』リメイク作に出演か

田中みな実

 最強のエロ女優が誕生するのか!?

 11月30日の東スポWebが、田中みな実の今後の女優業に関する話題を報じて波紋が広がっている。

「今年は『絶対正義』『ルパンの娘』『モトカレマニア』(いずれもフジテレビ系)に出演するなど、女優業を加速させている田中ですが、いろいろな役を演じてみた結果、自分にはセクシー系の役柄が合っていると認識したといいます。東スポWebによれば、そんな彼女の元には渡辺淳一作品のリメイク映像化の企画が届いているといい、『化身』『愛の流刑地』が候補に挙がっている中で、最有力とされているのが『失楽園』。かつて映画版では黒木瞳と役所広司が、ドラマ版では川島なお美さんと古谷一行が濃厚な不倫セックスを演じ、社会現象を起こしました。もし、田中がこの役を演じきれば、フリーアナから女優に肩書きが変わるほどのインパクトとなるでしょう」(芸能関係者)

 芸能界では、11月22日に壇蜜が、27日には橋本マナミが相次いで結婚を発表。くしくも愛人キャラが一気に人妻になったばかり。

「2枠空いた愛人キャラ枠を狙っては、グラビア界からは森咲智美、園都、和久井雅子が名乗りを挙げそうですが、いずれも小粒。そこに田中が『新・国民の愛人』に躍り出そうです。本人は結婚願望が強いものの、いまだその気配はない。彼女は過去に『水の口移し』をしたことがあると告白したり、彼氏が望めば部屋で水着でいることもOKと明かしています。まさに、望めば何でも言うことを聞いてくれそうなところなどは、“都合のいい女”そのもの。写真集では乳首の形がわかるカットもあるといい、世の男性たちのセックスシンボルとなりそうです」(週刊誌記者)

 写真集の次は艶技で“魔性のみな実”になってほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/04 15:58

田中みな実が「新・国民の愛人」に名乗り⁉ あの『失楽園』リメイク作に出演かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真