日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > じゃまおくんのWEB漫クエスト  > 『きょうも厄日です』戦慄の日常
じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

『岡崎に捧ぐ』著者の戦慄する日常エッセイマンガ『きょうも厄日です』

文=じゃまおくん

「厄日じゃねーか!」と思えるような悲惨な体験も、マンガのネタにできると思えばオイシイ――もしかしたらエッセイマンガをなりわいとする人々は、そういうポジティブな発想で日々を過ごしているのかもしれません。今回ご紹介する山本さほ先生の『きょうも厄日です』というエッセイマンガは、まさしくそんなメンタリティを感じさせてくれる作品です。

 山本先生といえば、代表作に幼なじみの岡崎さんをネタにしまくったエッセイマンガ『岡崎に捧ぐ』がありますが、個人的に印象的なのは、静岡の超人気ハンバーグチェーン「さわやか」を熱く紹介した作品と、Twitterで話題になった世田谷区役所と仕事をした時の揉め事を描いた作品です。独特の画力(えぢから)があって、一度読んだら忘れられなくなるようなインパクトがあります。

 というわけで、『きょうも厄日です』の中から個人的に大好きな、珠玉のクレイジーエピソードをご紹介しましょう。

バイト先で遭遇した「ドラゴンボールぽろりん」おじさん

(C)山本さほ/文藝春秋

『ドラゴンボール』といえば知らない人はいないと思いますが、ここに描かれている『ドラゴンボール』は僕の知らない『ドラゴンボール』でした。リサイクルショップでバイトをしていた山本先生が、理不尽なクレームを付けてくるおっさんに絡まれるというエピソードなのですが……。

(C)山本さほ/文藝春秋

「なにか出てる…?」

 マンガでは「いらすとや」の素材を使っていい感じに隠されていますが、おっさんが下半身からドラゴンボールを露出していたのでした。つまりクレーマーではなく、変態だったのです! これはかなり恐ろしい体験のはず……なのに、なぜか絵面としてはめちゃ面白い!!

(C)山本さほ/文藝春秋

「え…じゃあなんで私、変質者に謝ってんだろ…」

 完全に謝り損ですね。このドラゴンボールは、願いなんかかなえちゃくれませんから!

 変質者出没ということで、とりあえず110番に通報する山本先生ですが……

(C)山本さほ/文藝春秋

「えっボールって本体じゃないんですか!?」

「えっどうでしょう? 本体ではないような…」

 ボールが性器本体なのかどうかで、オペレーターの女性と、ちょっとホッコリした感じで終わっているというね……ちょっと! 何ホッコリしてんの!? ちなみに本体はボールじゃなくてスティックのほうだと思うのですが、皆さんはどう思いますか?(どうでもいい)

123
関連キーワード

『岡崎に捧ぐ』著者の戦慄する日常エッセイマンガ『きょうも厄日です』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

東京MX、違反にギャラ未払い

 昨年放送されたバラエティ番組『欲望の魂』の...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真