じゃまおくんの「WEB漫クエスト」

これが令和の凄腕スナイパー!? 「ゆるふわ系殺し屋マンガ」2選

文=じゃまおくん

『幸せカナコの殺し屋生活』/『咲宮センパの弓日』

『ゴルゴ13』『シティーハンター』『クライング フリーマン』『殺し屋1(イチ)』『ザ・ファブル』などなど……昭和、平成時代に生まれた殺し屋マンガは数多くあります。とりわけ『シティーハンター』はシリアス一辺倒だけでなく、コミカルな要素も取り込み、殺し屋マンガ業界に新しい風を吹き込みました。

 時代とともに新しい要素を加え、進化してきた殺し屋マンガですが、令和時代の殺し屋マンガのトレンドは、ちょっと今までと雰囲気が違います。キーワードはズバリ「ゆるふわ」。どこかユルくてフワッとした雰囲気の女子が、次々とターゲットをスナイプしていく、これが新時代の殺し屋マンガのトレンド。今回は、そんな「ゆるふわ系殺し屋マンガ」2作品をご紹介します。

『幸せカナコの殺し屋生活』

 キャッチフレーズは「読むと元気になる殺し屋マンガ」。コンセプトからして、殺し屋マンガらしからぬ斬新さを感じます。主人公は、ブラック企業を満身創痍で退職したOL西野カナコ。うっかり転職した先が、なんと「殺し屋」でした。うっかりしすぎていて震えます。

(c)若林稔弥/星海社

……普通にリクルートしてるんかい! という感じですが、葛藤する中、カナコに与えられた初仕事は、なんと自分を退職に追い込んだセクハラDVな元上司。マンガらしいすごい偶然ですね! しかし、いくら嫌なヤツとはいえ、殺すというのはさすがにやりすぎ、ましてやカナコは初心者です。殺せるはずなんかありま……

(c)若林稔弥/星海社

「あーーー!! 指が勝手にーーー☆」

 一発必中! でした。

 というわけで、さえないOLだったカナコは、殺し屋になって天性の才能を開花させたのでした。

(c)若林稔弥/星海社

 殺しの才能だけでなく、気配を消す能力も天才的。ベテランの殺し屋が背後に回られたのに気がつかないほど。OL時代に培った空気と同化するというスキルが、まさかこんなところで役立つなんて!


1234

これが令和の凄腕スナイパー!? 「ゆるふわ系殺し屋マンガ」2選のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

志村けん急逝――悲しみ広がる

お笑い界のレジェンドが残した偉大な功績の数々を振り返る!
写真
人気連載

松田聖子、3度目の離婚も?

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染拡大に...…
写真
インタビュー

『表現の不自由展』の裏側

 今年開催された国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』に出店された『表現の不自由...
写真