日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 首相補佐官と女性官僚の公私混同
週刊誌スクープ大賞

iPS細胞・山中教授を恫喝した首相補佐官とバツイチ女性官僚の人目を憚らない公私混同ぶり

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

 早いもので、もうあと残すところ、2週間ほどで2020年を迎える。

 この歳になって、師走をバタバタ過ごしているのはみっともないが、例年になく今年の暮れは忙しい。

 酒を飲む時間だけは確保しているが、本を読む時間がないのがつらい。

 読もうと思っている本が山になっているが、この山がなくなるのは相当遠い先になる。

 愚痴をいってないで早速始めよう。

 現代は先週金曜日に発売されたが、私には読むところがない。

 仕方ない、年末年始に老親が亡くなった時どうするかという記事でも紹介しておこう。一番の問題は、死亡診断書を書いてもらいたくても医者が休んでいることだ。そんな時は病院へ行って、医者に書いてもらう。

 葬儀屋はかきいれどきだから心配ない。困るのは火葬場が、正月三が日は休むこと。その後も混んでいてなかなか順番が回ってこない。そんな時は葬儀屋の安置室か火葬場の安置室を利用することだが、1泊1000円から1万円程はかかるという。まあ、こんなこと知らなくても、葬儀屋が教えてくれるがね。

 中田英寿(42)という男は生き方がかっこいい。サッカーで天下を取ったら、そこから離れて職業は「旅人」と称して自分の好きなことだけやる。

 こんな生き方ができたら、女が寄ってきてもしょうがないだろう。

 FLASHは、そんなある日を目撃している。11月上旬には日本橋の高級レストランから出てきた中田を目撃。

 隣には歌手のクリスタル・ケイというのがいたそうな。

 自宅はニューヨークの豪華なアパート。だから普段はホテルが定宿になる。

 11月下旬には、渋谷の会員制バーから出てきたところを目撃。

 広瀬すず風の美女を連れていたという。かっこよくて(少し背が低いが)、カネがあって、話も面白いのだろう。

 これで一人というのは犯罪ではないか。とまあ、もてない老人は、悔しさに手を震わせながら、FLASHを床にたたきつけたのである。

1234567

iPS細胞・山中教授を恫喝した首相補佐官とバツイチ女性官僚の人目を憚らない公私混同ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真