日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 首相補佐官と女性官僚の公私混同
週刊誌スクープ大賞

iPS細胞・山中教授を恫喝した首相補佐官とバツイチ女性官僚の人目を憚らない公私混同ぶり

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

 話はガラッと変わるが、22日(日曜日)は有馬記念である。

 今年はGⅠ馬が11頭出走という豪華版だが、注目は現役史上最強馬といわれるアーモンドアイが、どういう勝ち方をするのかというところにある。

 だが、骨っぽい馬も多く、簡単に勝てるかどうか。

 アーモンドアイのほかに、スワーヴリチャード(ジャパンカップ)、リスグラシュー(宝塚記念・コックスプレート)、フィエールマン(天皇賞春)、アルアイン(大阪杯)、ワールドプレミア(菊花賞)、サートゥルナーリア(皐月賞)と、多士済々である。

 今年G1は未勝利だが、ヴェロックスやキセキも勝てる力はある。

 やはり史上最強といわれたディープインパクトも、ルメール騎乗のハーツクライに敗れたのだから、中山の2500mはなかなか手ごわく、ドラマが生まれる競馬場でもある。

 私は、アーモンドアイ危うしと見ている。自在の脚質だから、2着ははずさないだろうが、先行馬にやられそうな気がしている。

 フィエールマンとワールドプレミアは一発あるような気がする。何しろディープインパクトの忘れ形見である。

 今年惜しまれて亡くなった父の無念を中山で晴らす。ドラマとしても最高ではないか。

 1年の総決算、有馬記念は盛り上がること間違いない。旨酒を飲みたいものである。

 ニューズウイーク日本版で、ヤフーニュース、中でもヤフートピックス(ヤフトピ)といわれる、トップページの最も目立つところに掲載されるニュースは、いかにして選ばれているのかを取材した石戸諭のレポートが面白い。

 ヤフーニュースの月間PVは150億に達するといわれる、日本最大のニュースサイトである。ヤフトピに掲載されるのはスマートフォンなら6本、その影響力は「新聞の一面以上、NHKのトップニュース並み」(ネット広告関係者)だそうだ。

 そこに取り上げられれば、自社のサイトのPVが飛躍的に伸びるため、配信する記事の対価が1PV当たり0.025円でも文句をいうところはないという。これはヤフー内で1億PV取っても250万円にしかならないのにである。

 ヤフトピは、13文字のタイトルをヤフー側でつけてアップするが、選ぶ基準はどうなっているのかは一切明かされない。

 石戸は、ヤフー側と取材交渉するが、難航する。ようやくヤフトピ編集部の代表という山内浩太が取材に応じた。山内はスポーツ系の出版社から3年前にヤフーへきたが、スポーツ以外のニュースを取材した経験はない。

 山内によれば、1日当たり約5000本がヤフーに配信されてきて、約25人でチエックするという。中途入社や新人たちだ。ヤフトピ編集部が見るのは見出しだけ。基準は、公共性、社会的関心という2軸で選ばれるそうだ。

 ヤフーニュース部にいたあるメディア経験者は、「メディア経験がない新人は、多くの場合は基本的なことを知らないままトピ編の現場に入る。例えばシリア情勢って何が問題なんでしたっけ? という感じ」

 これでどうやって公共性、社会的関心のあるニュースだと正しく判断できるのか、そう思われても致し方あるまい。嫌韓コメントなどが残っているがという問いには、「特定の民族へのヘイトスピーチは禁止している」「人的なパトロールで全てを見るのは難しい。適切な対応を頑張ってやっています」と、法務歴が長い今子さゆりが答えている。

 だが、ヤフーが今年3月に開催した配信メディア向けのカンファレンスで、「コメントがヤフーにとって最もオリジナルのコンテンツだと認識している」と語っていたそうだ。コメント欄はコンテンツの一つなのだ。

 他人が汗水流して取材したものを、労せずして配信するだけで巨万の富を得るプラットホームの実態が透けて見える。黎明期からヤフーのニュース部門を支え、現在は東京都市大学教授の奥村倫弘がこういっている。

「今のヤフトピの価値判断は悪い意味で、形式的な新聞化してきたように思う」

 毎日新聞の小川一がいっているように、「取材のコストを考えれば、プラットフォーマーは配信元にもっと利用料を払うべき」である。だが、朝日も読売も毎日も、何も手を打ってこなかった。

 今、『2050年のメディア』(文藝春秋)という本が話題である。下山進という慶應大学SFC特別招聘教授が綿密な取材に基づいて書いたもので、簡単にいってしまえば、紙メディアはもうすぐ滅びるという内容である。

 サンデー毎日は下山にインタビューしている。下山は、2017年6月に、たまたま開いた日本新聞協会のHPで、直近の10年で日本の新聞が総部数で1000万部、売り上げで5645億円落ちていることを知った。

 18年正月の読売新聞賀詞交歓会で渡邉恒雄が、「読売はこのままではもたんぞ」と悲鳴を上げた。

 そこで取材を始めたという。大新聞がみな苦戦する中、日経だけが2010年に有料課金制の日経電子版を始めた。その購読者数は19年6月段階で72万人。紙の部数は落としたが、電子版で相殺できているという。

 ヤフーに頼ることのないシステムをつくり上げた日経は数少ない生き残る新聞になるという。だが、下山はこういう。

「紙からデジタルに技術変化する中でどうすれば人が金を払うのかを考え抜くべきだった。今でも遅くない」

 私も、かなり前から、ニュースの有料化について考えていたが、もうすでに勝負あったのではないか。唯一あるとすれば、読売、朝日、毎日が呼び掛けて、地方紙も含めた全紙有料化に踏み切ることだが、難しいだろうな。

1234567

iPS細胞・山中教授を恫喝した首相補佐官とバツイチ女性官僚の人目を憚らない公私混同ぶりのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真