日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 清原和博、亜希さんと復縁あるか
本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

清原和博、20代ハーフ美女と同棲解消で、執行猶予明けに亜希さんと復縁説が現実味

文=本多圭(ほんだ・けい)

清原和博

 2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、現在、執行猶予中の元プロ野球選手・清原和博。先ごろは、『ワールドトライアウト』の監督を務めるなど、社会復帰への一歩を踏み出したが、そんななか、元妻・亜希さんとの復縁が注目されているという。

 清原と亜希さんは、2000年に結婚。男児2人をもうけたが、清原が現役を引退すると、“夜のクラブ活動”が活発化。銀座のクラブママに溺れ、不倫が発覚したことで夫婦関係がギクシャクし始めたというが、2014年、「週刊文春」(文藝春秋)に薬物疑惑が報じられると、亜希さんが子供を連れて別居。同年9月に離婚を発表した。

 その後、清原は銀座ママとも別れ、荒んだ日々が続いたというが、そんなときに、銀座のクラブBで当時、女子大生ホステスだったM子さんと出会ったという。

「M子さんは、モデル兼タレントとしてCM出演したこともある20代のハーフ美女。当時すでにシングルマザーで、生活のため銀座でホステスとしてアルバイトをしながら、子どもの将来を考え、学校に通って英語の勉強をしていました」(M子さんを知るマスコミ関係者)

 清原は、店でヘルプについたM子さんに一目惚れ。日参して口説いたという。当時、清原は大手プロのサポートでバラエティ番組などに出演していたが、親しくなったテレビ関係者に「M子と結婚するんだ」とノロケ、逮捕される前年には、M子さんの父親に挨拶をすませていたという。

「清原は、M子さんと出会ってから覚せい剤を断ち切ろうと努力していたんですが、昔のドラッグ仲間が現れて、脅された。怖くなって、薬を止められなかったんです」(清原と親しかったクラブ関係者)

 16年2月に清原が覚せい剤取締法違反容疑の現行犯で逮捕されると、その場に居合わせたM子さんにも疑惑の目が向けられたが、尿検査の結果はシロ。清原は、同年5月に懲役2年6ヵ月、執行猶予4年の有罪判決を受けたが、M子さんは保釈後も同棲を続け、更生を支えていた。

 それだけに、入籍は秒読みとみられてきたが、M子さんの元同僚ホステスによれば、2人は半年以上前に別れたという。

「M子さんから“清原とは別れた“と連絡がありました。今は六本木のキャバクラで働いているそうです」(元同僚の銀座ホステス)

 他方、清原は今年7月、「Number」(文藝春秋)誌上で1年間にわたって連載された『清原和博 告白』(同)を単行本として出版。それを読んだ亜希さんが、自身の連載があるファッション誌『HERS』(光文社)で初めて、別れた夫に触れ、「何度も読んで、私自身の存在を再確認しました。頑張ってる人の背中を押す。それが私の仕事なんだと思った」と心境を綴り、話題を呼んでいた。

 今は定期的に連絡を取り合っていることも明かし、一時は、遠ざけていた子どもたちも、清原に野球を習っているという。

 M子さんと別れ、来年4月には執行猶予も明ける清原。「彼は罪を犯しました。けれど今の姿を応援したい」とエールを贈った亜希さんと復縁するのか。今後も注目を集めそうだ。

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。

サイト:記事一覧

最終更新:2019/12/21 12:00

清原和博、20代ハーフ美女と同棲解消で、執行猶予明けに亜希さんと復縁説が現実味のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真