日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > クロちゃん、Pとしての才能あり?
モンスターアイドルレビュー5

水ダウ発のアイドル「豆柴の大群」 “クズ芸人”クロちゃんにプロデューサーとしての才能あり!?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『水曜日のダウンタウン』公式サイトより

 安田大サーカス・クロちゃんがメンバーを選抜し、新たなアイドルグループをプロデュースする企画「MONSTER IDOL」の5週目が、12月18日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で放送された。

死んだ目のナオ、嗚咽するクロちゃん

 今回は沖縄合宿の4日目、いよいよ最終日である。

 グループのデビュー曲をバックにダンスの練習をする候補生たち。今まではクロちゃんが仮歌を入れたバージョンだったが、今回からはBiSHのメンバー、アイナ・ジ・エンドが歌入れをしたバージョンが使用された。

ナオ「すごく音程がわかりやすくて、頑張って歌えそうな気がしました」

クロちゃん「そうね。俺のは、確かに音程わかんなかったかもね」

ナオ「はい」

 2日目までクロちゃんに恋愛感情があると匂わせていたナオも、ここにきて吹っ切ったようだ。決定打は、クロちゃんが候補生一人一人に実施した個人面談だった。

クロちゃん「ナオは俺のことを男としてどう思ってる?」

ナオ「恋愛対象としては、私は見てないなって思ってます」

 表裏がなくなり、権力に媚びなくなったナオ。クロちゃんに対し、ストレートに物を言うようになった。こっちの彼女のほうが気持ちいいし、今までより全然いい。

「やっと吐き出せたね。よく勇気出せたね」(クロちゃん)

 拒否られている側なのに、カッコつけて上から目線でいるクロちゃんが滑稽である。「やっと吐き出せたね」とは、どの立場でものを言っているのか? そもそも、自分が寝ているベッドに座らせながら面談してるのがキツい。

「最後にさ、ハグだけしてもいい? これで忘れるから」(クロちゃん)

 振られた自分に酔いしれ、本当にナオにハグしに行ったクロちゃん。ナオは嫌がるわけでもなく、遠くを見つめ、ただ死んだ目をした。持ち前のキラキラ感を消し去り、純度100パーセントの虚無。女の子にこんな顔をさせるなんて、アイドルグループのプロデューサーとしてはいかがなものか。

 目が死んでいるナオとは対照的に、クロちゃんは嗚咽している。何も始まっていないのに不可解な……。というか、彼は振られた時にいつも号泣してる気がするのだが。

「好きだったなぁ……」(クロちゃん)

 涙を拭っている姿は、いかにも悲劇的だ。しかし、よく考えると2人いた“お気に入り”が1人に減っただけの話。ナオ or カエデの状態から、カエデ1人へ絞られただけなのだ。

1234

水ダウ発のアイドル「豆柴の大群」 “クズ芸人”クロちゃんにプロデューサーとしての才能あり!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

安倍首相、買収マネーで孤立無援

今週の注目記事・第1位「河井夫妻『買収』原資...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真