日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > クロちゃん、Pとしての才能あり?
モンスターアイドルレビュー5

水ダウ発のアイドル「豆柴の大群」 “クズ芸人”クロちゃんにプロデューサーとしての才能あり!?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

カエデ再合流の可能性はあるか?

 アイカ、ナオ、ミユキ、ハナエの4人で構成される新アイドルグループの名称が決定した。名付けて「豆柴の大群」。モーニング娘。がそうだったように、売れてしまえば名前なんていつの間にか違和感はなくなっていく。豆柴をモチーフにしたキャラクターグッズも作りやすいだろうし、悪くないネーミングだと思う。

 その後、スタジオに登場したクロちゃんが近況報告をした。なんと、クロちゃんはカエデと連絡を取り合っているらしい。今夜放送の2時間スペシャルでは、2人が手をつないでデートする様子が公開されるようだ。

 SNS上では「カエデを合格にし、5人態勢で再始動してほしい」なんて声が根強く残っている。豆柴の大群の各メンバーにはイメージカラーが決められており、赤=アイカ、青=ナオ、ピンク=ミユキ、緑=ハナエというのが現在のフォーメーションだ。ずばり、まだ黄色が空いている。5人態勢での再始動へたどり着くには、デートでクロちゃんがカエデに振られる→クロちゃんのカエデへの恋愛感情がなくなる→カエデがめでたくグループに新加入――という流れが据わりがいいのだが、果たして……。

 ちなみに、現時点での1番人気は、かわいい系のアイカだ。デビュー曲「りスタート」のYouTubeコメント欄を見ると、彼女に関する書き込みが最も多い。天然すぎる名言「少し臭いです」によって、彼女は大勢のファンを一気につかんでいた。

 他のメンバーも負けてない。気の強さとリーダーシップが前面に出たきれい系のナオ、デビュー後にかわいさが一気に増した感があるサブカル系のミユキ、歌とダンスがグループ内でズバ抜けてうまい実力派のハナエ。キャラの違う4人が、バランス良く選ばれていたのだ。クロちゃん、ナイスプロデュースである。

1234

水ダウ発のアイドル「豆柴の大群」 “クズ芸人”クロちゃんにプロデューサーとしての才能あり!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

藤井隆が語る角川映画の真髄

 70年代~80年代。日本のエンターテイメントを牽引し続けた角川映画。その中心にいた...
写真