日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > クロちゃん、Pとしての才能あり?
モンスターアイドルレビュー5

水ダウ発のアイドル「豆柴の大群」 “クズ芸人”クロちゃんにプロデューサーとしての才能あり!?

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

クロちゃんが離れると「豆柴の大群」への注目度はガタ落ち!?

 12月19日より、デビューシングル「りスタート」がタワーレコードで発売中だ。ジャケットのバリエーションは以下の3種類である。

(1)クロちゃんプロデューサー続行ジャケ
このCDが一番売れれば、クロちゃんはプロデューサー続行。

(2)クロちゃんプロデューサー解任ジャケ
このCDが一番売れれば、クロちゃんはプロデューサー解任。

(3)クロちゃんプロデューサー解任&罰ジャケ
このCDが一番売れれば、クロちゃんは解任された上に罰を受ける。

 正直、最も食指が動くのは(1)の続行ジャケだった。単純に、メンバーが最もかわいく写っているのがこのジャケなのだ。ファンになった人は(1)バージョンのジャケが欲しくなると思う。

 実は、この3バージョンにはからくりがある。クロちゃんを解任させたいと思ったとする。すると、選択肢は(2)か(3)のどちらかへ分かれてしまうのだ。続行の選択肢は(1)のみで、解任させたければ2つのバージョンから選ぶ必要がある。要するに、続行派がちょっと有利な構造だ。というか、今さらクロちゃんの罰ゲームを見てそんなに面白いだろうか? 安直なバンジージャンプ(3のジャケ)で済ますならば、クロちゃんのプロデュースを見続けたほうがよっぽど面白い気がするのだが。

 元も子もないことを言うと、グループからクロちゃんが離れたら「豆柴の大群」への注目度はガタ落ちするだろう。なんだかんだ、クロちゃんあってのデビュー。グループの今後を考えるなら、クロちゃんにはプロデューサー業を続行させなければならない。

 あと、クロちゃんのプロデュース力も捨てがたい。「りスタート」は、作詞だけでなく作曲もクロちゃんが担当した曲である。聴くと、BiSHっぽくて普通にいい出来だった。彼のプロデュース論は当初から一貫しており、プロデューサーとしては意外に信頼が置ける。

  番組放送後、「MONSTER IDOL」に関するトピックは毎回トレンドワード入りしている。世を巻き込んだ盛り上がりは、ほのかに90年代のポケットビスケッツを思い出させた。この状況が続き、さらにプロデューサーが不動ならば、「豆柴の大群」大化けの可能性はあると思うのだ。

『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎プロデューサーは、同日の放送直後に以下のツイートを発信した。

「去年はせっかく産んだ熱が行き場を失って、良くない方に流れちゃったので、今年はちゃんとしたゴールをとね。それが企画のスタートです。」

 前企画「モンスターハウス」で起きた騒動を意識しているのは明白。番組としても、「MONSTER IDOL」は1年越しのリベンジなのだ。気合が違う。

 今夜放送の2時間スペシャルでは、クロちゃんがカエデに指輪を渡すシーンが登場する模様。まさか、「モンスターハウス」で使い回した指輪じゃないだろうな……。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2019/12/25 14:00
1234

水ダウ発のアイドル「豆柴の大群」 “クズ芸人”クロちゃんにプロデューサーとしての才能あり!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真