日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 吉岡里帆、突然の肌見せ解禁

田中みな実を意識!? 吉岡里帆、グラビア拒否から突然の肌見せ解禁の陰に“同キャラ”の躍進か

文=日刊サイゾー

吉岡里帆

 男性ファンにとっては、ありがたい心境の変化だろう。

 12月23日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)にて、吉岡里帆が表紙&巻頭グラビアに登場。その大胆な肌露出が話題を呼んでいる。

「吉岡は表紙では『ガリバー旅行記』をイメージした全身が縛られているショットを掲載。その際、胸元が大きく開いた衣装で寝そべっているため、豊満なバストが半分ほどハミ出た状態に。さらにグラビアページでは、胸の谷間を大きく露出した写真があり、露出度はおそらく近年では最高でしょう」(芸能記者)

 グラビアアイドル出身の吉岡だが、過去には当時の仕事をネガティブに捉えていたと受け取れる発言をしていたことも。そのため、最近では、肌を露出するグラビアは皆無となっていた。

「今回のグラビアでの肌見せ復活に、ネット上では喜びの声が上がっています。彼女は同誌のインタビューで、グラビアの魅力について『自分の姿や気持ちは変化していくもので、その一瞬を写真に収めてもらえることだと思います』『その時々で変わっていく内面まで映し出されるところが面白い』などと語り、観る人に楽しんでもらうことをモットーにしていると明かしている。こうした内面の変化から、今後は大胆な艶グラビア路線が復活する可能性もありそうです」(前出・芸能記者)

 ほかにも、週刊誌デスクは吉岡の変化が起きた理由をこう推察する。

「彼女は男性ウケがいい反面、女性からは『あざとい』と叩かれやすく、本人もそれを自覚しています。それとまったく同じポジションだったのが田中みな実です。その田中はいつの間にか女性に憧れられる存在となり、先日発売したセクシー写真集の購買層は、8対2で女性のほうが多いとされています。ドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)の吉岡の役は田中が良かったとの声も多く、危機感を募らせるとともに、お手本にしようとしているのではないか」

 田中を見習うなら、乳首の形がわかるカットもぜひ!

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/26 06:00

田中みな実を意識!? 吉岡里帆、グラビア拒否から突然の肌見せ解禁の陰に“同キャラ”の躍進かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真