日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > スノスト双方のファンが襲撃予告

抗争に発展か!? SixTONESとSnow Man双方のファンが「メンバー襲撃」をSNSで予告

文=日刊サイゾー

SixTONES

 ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長は、こんな状況になることも予想できたのではないだろうか。

 1月22日、ジャニーズグループのSixTONESと、Snow Manが同時にCDデビュー。共に滝沢氏のお気に入りとされている。

「この2組は、昨年末の『NHK紅白歌合戦』の故ジャニー喜多川氏の追悼企画に出演。2組を競争させるこのやり方に対しては、ファンからも『自分の力を認められたいだけ?』『たくさんデビューさせたら共倒れする』との厳しい声が飛び交っていました」(女性誌ライター)

 そんな中、SNSでは両者のファンが対立する事態になっているという。

「『紅白』では、Snow Manメンバーのラウールがセンターを担当しました。するとライバルグループ・SixTONESファンは、SNSで『紅白でセンター取られて無理になりました。スト担総動員でラウールをパニ障(パニック障害)に追い込もうと計画中です』と恐るべき計画を明かしたのです。その後、この計画を知ったSnow Manファンは『すの担総出で(SixTONESの)京本大我をパニック障害にしようと計画中です! 1番メンタル弱そうなんで! こっちも仕返しです』と対抗する姿勢を見せ、両者のファンがヒートアップする状況となっています」(週刊誌記者)

 一方、良識あるジャニーズファンからは、今回の騒動に対し「すの担総出とかスト担総動員でとか一緒にすんなよ」「パニック障害と戦ってる全ての人に失礼すぎる」と激怒する声も飛び交っている。

 また、一部の過激なファンのせいで、メンバーに危害が及ぶ可能性もあるという。

「現在、SixTONESファンと見られる人物が、SNSにて『(Snow Manの)ハイタッチ会に行って直接死ねって言うマジで』と発言したり、殺害予告までが飛び交う状況となっています。ジャニオタの中には、一部ですが目的を達成するためには手段を選ばない悪質なファンがおり、過去にはエアガン発砲や、現場の車から降りたタレントを囲み、体当たりをくらわせたことも…。そのためネットでは、メンバーに危害が及ばないか心配する声があがっています」(前出・週刊誌記者)

 メンバーが何らかの実害をこうむれば、両ファンの血みどろの抗争劇が繰り広げられるかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/14 12:34

抗争に発展か!? SixTONESとSnow Man双方のファンが「メンバー襲撃」をSNSで予告のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

話題の「バ美肉」マンガ2選

令和になってもYouTuberの勢いは止まりませ...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真