日刊サイゾー トップ > ライフ > 料理  > 100均食品で「どんどん焼き」

100均食品で山形のソウルフード「どんどん焼き」を作ってみた

文=玉置豊(たまおき・ゆたか)

 人も料理もSNS映えが重視される昨今だが、誰よりも早く”映える料理”に挑んでいた男がいた! 100円ショップの商品を使って”映える料理”を作る”人気連載「100均3品食堂」の中から、一押しレシピを厳選紹介!!
 
***
(初出:2013年10月20日)
IMGP1336.jpg割り箸に巻きつけたチープなお好み焼き、それがどんどん焼き!

 100円ショップで売っている商品から3品を厳選し、それだけを材料とした料理に挑戦してみようという企画の第3回。

 相変わらずノープランで100円ショップへと買い物に行くと、粉ものコーナーが充実していることに気が付いた。粉ものとは、小麦粉を原料とした食べ物のこと。お好み焼き粉やたこ焼き粉、ホットケーキミックスなどの魅力的な粉が所狭しと並んでいる。

 これらは具と形の組み合わせで、無限の可能性が広がる素敵な素材といえるだろう。

 よし、今回はこの粉もので勝負してみることにしよう。

IMGP1257.jpg第1回で買い物をした某チェーンに戻ってきた。

 購入したのは、たこ焼き粉、ふりかけ、天かすの3品。

 この組み合わせで目指すのは、山形県が誇るソウルフード、どんどん焼きである。今回はいつものように適当なオリジナル料理ではなく、ちゃんとした本家のあるカバー料理なのだ。

IMGP1268.jpg今回の3品はこちら。

 どんどん焼きとは、薄く焼かれた生地を割り箸に巻いたお好み焼きのことで、山形県民にとってはおなじみのおやつである。定番の具は、魚肉ソーセージの輪切りと切手サイズの海苔。

 特徴はそのボリュームに対する値段の安さで、だいたい1本150円くらいが相場となっている。胃袋に対するコストパフォーマンスが素晴らしい。

 こんな値段なので、わざわざ家で作る山形県民は少ないと思うが、埼玉県民が食べるには山形まで出かけるか自分で作るしかない。どんどん焼きが1本150円とするならば、材料費300円で2本作れればドロー、3本作れれば私の勝ちといっていいだろう。何を勝負しているのかよくわからないが。

IMG_1432.jpgこれが山形のどんどん焼きの実物。


123
関連キーワード

100均食品で山形のソウルフード「どんどん焼き」を作ってみたのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

YOAK広本敦さんインタビュー

 2月上旬に、ある女性がツイッターに投稿した発言が話題になった。その趣旨は「メンズレ...
写真