日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ辛口研究所  > 成田凌の取材態度が悪すぎ?
テレビ辛口研究所

成田凌「性格の悪さ」は売れても変わらず!? 記者・カメラマンから苦情噴出中!

文=日刊サイゾー

成田凌インスタグラムより

 目覚ましい活躍が続く俳優・成田凌。人気シリーズの連続ドラマ『コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命—3rd  season』(フジテレビ系)やNHK連続テレビ小説『わろてんか』などへの出演を経て、2019年には『愛がなんだ』『チワワちゃん』など6本の映画に出演。そのうち2作での演技が評価されたことで、日本アカデミー賞 新人俳優賞やTAMA映画賞の最優秀新進男優賞を受賞した。

 また、活動弁士を目指す若者を描いた周防正行監督の映画『カツベン!』では主役として三枚目路線の新たな魅力を放ち、『スマホを落としただけなのに』(18年)と、公開間近の続編『スマホを落としただけなのに 囚われた殺人鬼』では狂気を存分に見せている。

 かと思えば、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)などのバラエティにも積極的に出演。「過度な潔癖症」「兄が自分を溺愛しすぎている」「自宅では冬でも全裸」などなど、意外な素顔をあっけらかんと公開。さらに『ガキの使い!絶対笑ってはいけない 青春ハイスクール24時! 』(日本テレビ系)では「地獄の脱出ゲーム」に助っ人として登場し、罰ゲームをやってのけるなど、お茶の間の好感度も上昇中だ。

 ネット上では、これらのバラエティでの活躍に対して「成田凌くんてミステリアスなイメージやったけど、表情豊かでノリが良い、楽しい人なんやなぁ」「めっちゃ面白かった! 顔もよかった!!!笑」「ガキ使の成田凌可愛すぎ~~~~!!!」など絶賛の声が多数上がっている。

 しかし、そんな上昇気流に乗っている彼の業界内の評判は、実はすこぶる悪い。以前から「性格が悪い」「態度がデカい」といった悪評がたびたび聞こえていたが、活躍ぶりを見るにつけ、円くなったのだろうと思われてきた。

 だが、いまだに、というか、ますます態度が悪化していると、あるテレビ雑誌編集者は言う。

12

成田凌「性格の悪さ」は売れても変わらず!? 記者・カメラマンから苦情噴出中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真