日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 真価が問われるポツンと一軒家

漁夫の利も終了!?『麒麟がくる』好発進で、いよいよ真価が問われる『ポツンと一軒家』

文=日刊サイゾー

テレビ朝日

 1月19日にスタートしたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の初回視聴率が19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを記録。『麒麟がくる』、『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ)、『ポツンと一軒家』(テレビ朝日)の視聴率争いが面白くなりそうだ。

 各局がエース級の番組を投入し、激しい視聴率争いが繰り広げられる日曜20時台の視聴率戦争。昨年まさかの躍進を果たしたのが『ポツンと一軒家』だ。テレビ情報誌記者がいう。

「同時間帯は数年前まで『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)の圧勝でした。2018年にはたびたび20%超えを果たし、17時台の『笑点』に始まり、『バンキシャ』『鉄腕ダッシュ』『イッテQ』『行列のできる法律相談所』と続いて、22時台の『おしゃれイズム』まで、鉄壁のラインナップを形成。しかしそれに水を差したのが、宮川大輔の祭り参加企画でのヤラセ疑惑と、手越祐也の“違法飲酒事件”です。

『イッテQ』に不祥事が相次ぎ、緩やかに数字が落ちるなか、2018年10月にスタートした『ポツンと』は、ジワジワと数字を獲得。番組開始当初は『イッテQ』とは10ポイント近く差がありましたが、昨年2月末の放送でついに逆転を果たすと、その後どんどん数字を伸ばし、確実に20%前後を取る大ヒット番組になりました」(テレビ情報誌記者)

12

漁夫の利も終了!?『麒麟がくる』好発進で、いよいよ真価が問われる『ポツンと一軒家』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

新型肺炎はペストではない!

今週の注目記事・第1位「安倍首相補佐官<和泉...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真