日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 東出昌大不倫騒動ドラマ早期終了

東出昌大の不倫騒動で主演ドラマ早期終了も、唐田えりかは「最初からいなかった」扱いに?

文=日刊サイゾー

ユマニテ公式サイトより

 女優・唐田えりかとの不倫をきっかけに妻・杏と別居中であることが「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた東出昌大。東出が所属する芸能事務所ユマニテは報道を「ほぼ事実」と認め、「東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄。どのように非難されても弁解の余地はありません」と完全に非を認めるコメントを発表した。

 東出は現在、テレビ朝日系ドラマ『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』にダブル主演の1人として出演中。今回の不倫別居報道が番組に何らかの影響を与えることはあるのだろうか。

「すでに番組は始まっているし、警察沙汰の騒動ではないので“いきなり降板”ということはないと思います。ただ、これがもしも番組開始前に報じられていたものだったら、初回放送を遅らせるなどの対応があったかもしれない。そう考えると、制作サイド的には放送開始後の報道で助かった部分もあるでしょう」(テレビ局関係者)

 とはいうものの、東出のイメージ悪化は免れない。スポンサーにとっては、そこは大きな懸念材料となるだろう。

「騒動がかなり大きくなったということもあり、スポンサーが降りてしまう可能性もある。そうなったら、当初の予定よりも早く番組が終了するかもしれません。あるいは脚本が変更されるなんてこともありそう。いずれにしろ、スタッフはいろいろ会議をしていると思います」(同)

 また、『ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~』にはシリーズ化の可能性もあったという。

「初回放送後の反応が意外と良くて、今後のシリーズ化や映画化といったことも構想され始めていたと言われてます。今回の不倫騒動のせいで、そういった企画は全部白紙です。テレビ朝日の損失は、思っている以上に大きいでしょう」(同)

 一方、東出の不倫相手である唐田えりかも、TBS系ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』に出演している。

「唐田が演じている小山内みゆきというキャラクターはそこまで重要な役柄ではないし、まだ番組も始まったばかりということで、まるで最初からいなかったかのように消えてしまう可能性は高いです。小山内をフィーチャーした回があったとの情報もありますが、おそらく脚本は大幅に変更されるでしょう。唐田にとっては、完全に干されてしまう大ピンチだと思います」(ドラマ関係者)

 家族を傷つけるだけでなく、自身のキャリアも台無しにするのが不倫というもの。当事者である東出と唐田は大きな代償を支払うこととなる。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/24 21:45

東出昌大の不倫騒動で主演ドラマ早期終了も、唐田えりかは「最初からいなかった」扱いに?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

東海テレビが捉えた報道の自画像

 昨年から、放送関係者の間で「絶対見たほうがいい」と「裏ビデオ」のように出回り、さまざ...
写真