日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 唐田えりかの主演ドラマ放送?

テレ東がジレンマ!? 唐田えりかの主演ドラマ放送なら鷲見玲奈アナのぶちギレ確実か

文=日刊サイゾー

唐田えりかオフィシャルサイトより

 放送中止となれば、それまでにかかった制作費や労力がすべて無駄になってしまうが……。

 目下、テレビ東京では東出昌大との不倫が発覚した唐田えりかの取り扱いに頭を悩ませているという。

「唐田はテレ東の深夜ドラマ『100文字アイデアをドラマにした!』に出演予定でした。同ドラマは主演が2話ごとに変わるオムニバス形式で、唐田は第5話と第6話に主演予定だったようです。実はドラマの撮影は不倫報道の翌日だったのですが、彼女は淡々と撮影をこなしていたそう。しかし、担当プロデューサーのブログを見ると、第5話の女優のことで苦悩している様子が伺えます。唐田は放送中のドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)にも出演。こちらは報道を受け出演シーンをカット、結局降板となりました。とはいえ、テレ東のほうは主演ですから編集し直すのは不可能。代役を立てて撮り直す時間もありません。このまま放送に踏み切るか、番組の差し替えをするかの判断を迫られています」(週刊誌記者)

 結果、「放送未定」として情勢を見守ることとなったようだが、放送するとなると、テレ東の判断が“ダブルスタンダード”になる可能性があるという。

「テレ東といえば、エースの鷲見玲奈アナに不倫疑惑が浮上しました。昨年末に『週刊文春』(文藝春秋)に報じられるや、出演番組のHPから写真が削除され、収録済みの番組も大幅に出演シーンをカットされることに。今年に入っても生放送には出演しておらず、1月24日に民放キー5局が同時放送した五輪特番も降板。鷲見アナ本人は不倫を否定しているだけに、不倫を認めている唐田は主演OKとなれば、不公平感が出るのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 テレ東は果たして、どんな裁定を下すのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/28 06:00

テレ東がジレンマ!? 唐田えりかの主演ドラマ放送なら鷲見玲奈アナのぶちギレ確実かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真