日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 篠原涼子と市村正親も離婚危機?

離婚危機は何度も!? 篠原涼子と市村正親にささやかれる“おしどり夫婦”の裏の顔

篠原涼子

 東出昌大と杏の別居・離婚騒動は、まったく収まる気配がない。当然、批判の矛先は東出と不倫相手だった唐田えりかに向けられ、特に杏が妊娠中の不倫だったことから、日本中の女性たちからバッシングを浴びせられている。

 連日、怒涛のように続く「東出バッシング」に対しては、ごく一部から「(東出は)帰宅恐怖症だった」「円形脱毛症になっていた」などとやんわりと擁護する報道も出たが、今度はそれも猛バッシングされるという始末。コメントを求められる芸能人も、慎重な物言いに終始している。

 そんな中、1月27日に俳優の市村正親が、都内で自身のエッセーの刊行記念トーク&サイン会を行った。かつてはプレイボーイとして鳴らした市村は、報道陣から東出について聞かれると、「僕も30代の頃はやらかしてましたけど、(28日で)71歳ですよ。男というのはしょうがない部分はありますが、平和にいきましょう」とにこやかに話した上で「(私は、不倫は)ないです」ときっぱりと否定した。

 市村は2005年に女優の篠原涼子と二度目の結婚をして、現在は2人の息子がいる。長男は都内の有名私立大学の付属小学校に合格したとされており、絵に描いたような「幸せな家庭」を築いている。かつての東出・杏夫婦がそうだったように「おしどり夫婦」と言われる代表格だ。前述のイベントでも、市村の誕生日に先立って、家族からサプライズパーティーをしてもらったことを明かした。

 市村は「わが家の前に大きなリムジンが止まっていて、入ったらママ(篠原)がいたんです。子どもたちは執事の格好をして『こちらでございます』って」と、夫婦円満であることをアピールした。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed