日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > SixTONESとSnowManに疑問

下手すれば一発屋!? SixTONESとSnowMan、2作品合算での“ミリオン達成”に業界内からも疑問の声

文=日刊サイゾー

SixTONES

 ジャニーズ事務所のSixTONESとSnow Manのデビューシングル『Imitation Rain / D.D.』(1月22日発売)が、初週売上132.8万枚でオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得した。

 ジャニーズ史上初の2組同時メジャーデビューとなった今回。ソニー・ミュージックレコーズからは“SixTONES vs Snow Man”名義のシングルが、エイベックス・トラックスからは“Snow Man vs SixTONES”名義のシングルがそれぞれリリースされた。そして、その両作品の売上を合算した結果、ミリオン超えとなった。

「収録されている表題曲は同じだということで、同一シングルとして扱われていますが、レコード会社も名義も異なるので、実質的には別作品と言える。これを1つの作品として合算してしまうあたりは、ジャニーズのための特別ルールという印象が拭えないですね」(音楽業界関係者)

 少々突っ込みどころがあるとはいえ、華々しいデビューを飾ったのは事実。しかし、業界内での評価はかなり厳しい。とあるメディア関係者はこう話す。

「熱心なファンはそれなりにいますが、ほかのジャニーズの先輩グループに比べるとまだまだ。ネットでスノストの記事を出しても、そんなに反応も良くないし、メンバー個人の名前も全然浸透していない。正直言ってこのデビューがピークになりそうな雰囲気ですね」

12

下手すれば一発屋!? SixTONESとSnowMan、2作品合算での“ミリオン達成”に業界内からも疑問の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

あの闇サイト事件を劇映画化

「事件は早く忘れたいが、みんなには忘れて...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真