日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > SixTONESとSnowManに疑問

下手すれば一発屋!? SixTONESとSnowMan、2作品合算での“ミリオン達成”に業界内からも疑問の声

文=日刊サイゾー

SixTONES

 ジャニーズ事務所のSixTONESとSnow Manのデビューシングル『Imitation Rain / D.D.』(1月22日発売)が、初週売上132.8万枚でオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得した。

 ジャニーズ史上初の2組同時メジャーデビューとなった今回。ソニー・ミュージックレコーズからは“SixTONES vs Snow Man”名義のシングルが、エイベックス・トラックスからは“Snow Man vs SixTONES”名義のシングルがそれぞれリリースされた。そして、その両作品の売上を合算した結果、ミリオン超えとなった。

「収録されている表題曲は同じだということで、同一シングルとして扱われていますが、レコード会社も名義も異なるので、実質的には別作品と言える。これを1つの作品として合算してしまうあたりは、ジャニーズのための特別ルールという印象が拭えないですね」(音楽業界関係者)

 少々突っ込みどころがあるとはいえ、華々しいデビューを飾ったのは事実。しかし、業界内での評価はかなり厳しい。とあるメディア関係者はこう話す。

「熱心なファンはそれなりにいますが、ほかのジャニーズの先輩グループに比べるとまだまだ。ネットでスノストの記事を出しても、そんなに反応も良くないし、メンバー個人の名前も全然浸透していない。正直言ってこのデビューがピークになりそうな雰囲気ですね」

12

下手すれば一発屋!? SixTONESとSnowMan、2作品合算での“ミリオン達成”に業界内からも疑問の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

日本社会を縛る“世間様”の圧力

 ふとしたときに「世間様っていうのはおっかね...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真