日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ロンブー淳、復帰会見で火消し

亮1人では撃沈だった!? ロンブー田村淳、株を上げた復帰会見でのもう1つの“火消し”

文=日刊サイゾー

ロンドンブーツ1号2号・田村亮

 反社会的勢力が集まるパーティーへの闇営業が報じられ、芸能活動を止めていたロンドンブーツ1号2号の田村亮。1月30日、都内で行われた復帰会見には約90人の報道関係者が詰めかけたという。

「今日は謝罪会見ではないです」

 会見の最初にこう断って、終始テンションを上げ目に立ち振る舞ったのは当事者の亮ではなく、相方の田村淳だった。

 居合わせた在京ワイドショー関係者は「パーティーの主催者から、詐欺で得たお金を事務所を通さずに得た可能性が高い事案。しかも、金に困っている芸人ならまだしも、芸歴20年以上のベテランですから。そこからの芸能復帰というのは極めてハードルが高かったが、アイデアと実行力が高い淳がカバーしまくって、どうにかまとめた印象。もし、亮1人での会見だったら再びボロが出て、撃沈していたでしょう」と話すほど、淳の対応力の高さが際立った会見だった。

 だが、別のマスコミ関係者は「淳のファインプレーはそこだけじゃない」と指摘する。

12

亮1人では撃沈だった!? ロンブー田村淳、株を上げた復帰会見でのもう1つの“火消し”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【サイゾー筋トレ部】始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
特集

中居正広”円満独立”の余波

中居クンが3月末でジャニーズ退所!新しい地図、キムタクとの関係は?
写真
人気連載

みちょぱ、ゆきぽよが生き残る理由

 今回取り上げるのは、みちょぱ(池田美優)、...…
写真
インタビュー

ポピュリズムを誘うグロテスク戦略

 史上2番目の低投票率となる48.8%を記録した参院選を振り返る本企画。前編では、中島...
写真