日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 吉本社員が絶縁直訴で友近解雇も

吉本社員が絶縁直訴!? 友近、専属エージェント契約から一転、“解雇”の可能性も

吉本興業公式サイトより

 活動の幅は広がるどころか、仕事は激減しそうな雲行きだ。

 昨年、吉本興業マネージャーへの“パワハラ疑惑”が問題になった友近が所属の吉本興業と「専属エージェント契約」を結ぶと1月29日付きのサンケイスポーツが報じた。

専属エージェント契約は従来のマネージャーではなく、自ら雇用する代理人を通して仕事をする形式。現在までに、極楽とんぼの加藤浩次、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が契約を結んでいる。記事によると、大阪で活動していた頃の旧知の仕事関係者が代理人となり、早ければ2月にも同契約を結ぶ見込みだという。

「友近といえば、マネージャーがこの10年間で20人近く代わっており、そのうちの2人は、吉本の幹部宛てに友近のパワハラを訴える嘆願書を提出。友近らから『向いてないから辞めろ』といった罵詈雑言を浴びたり、説教が深夜に及んだりしたことで、担当を代えてほしいと直談判したと報じられました。これに対し、友近が開き直っていたため、吉本も『それなら自分でマネージャーを用意しろ』とサジを投げ、エージェント契約への移行を求めたようです」(芸能記者)

 しかし、ここにきて一転「解雇」の可能性も出てきたという。芸能関係者が耳打ちする。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed