日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 友近、パワハラで永久追放の危機

音声データも存在!? 友近、報道後も懲りずに“パワハラ三昧”で吉本興業から追放危機

文=日刊サイゾー

吉本興業公式サイトより

 所属タレントの闇営業問題に端を発したお家騒動、チュートリアル・徳井義実の税金問題などで世間を騒がせたものの、ようやく周辺が静かになった吉本興業だが、所属する友近のパワハラが収まらず、同社をクビになる可能性が浮上していることを、ニュースサイト「FRIDAY DIGITAL」が報じている。

 友近といえば、今年8月、マネジャー2名から常軌を逸したパワハラを訴える嘆願書が、今年に入ってから吉本の幹部宛に提出されていたことが一部で報じられた。

 友近のマネジャーはなんと過去の約10年で20人近く代わっているというが、友近は同誌に対し、マネジャーにキツく当たったことなどを認めつつ、真っ向から反論していた。

「報道後、何もなかったかのような顔でふるまっていますが、周囲では誰も怖くてあの話題は切り出せません。本人が認めていないので、コメンテーターを務めるテレビ番組も処遇が決まらぬまま、現在に至っています」(テレビ局関係者)

 同サイトによると、報道後も友近は相変わらずマネジャーをどんどん辞めさせていったため、吉本サイドは「次、もしパワハラでマネージャーを辞めさせたら専属エージェント契約に変える」と宣告。友近に嫌がらせをされた元マネジャーがパワハラの音声データを持っているという噂まで浮上している。

 今後、慰謝料請求の民事訴訟など起こされ、友近が謹慎などに追い込まれたらまた厄介な事態になるため、吉本としては厄介払いとばかりに、友近を切ろうとしている動きがあるというのだ。

「吉本のそういう動きが記事になってしまったので、今後、テレビ各局は吉本の顔色をうかがい、今後、間違いなく友近の起用を控えることになる。さらには、商品や企業のイメージアップの役割を担うCMやイメージキャラクターへの起用はまずなくなっていくでしょう」(芸能記者)

 友近はそろそろ態度を改めないと、芸能界から永久追放となりかねないだろう。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/26 21:00

音声データも存在!? 友近、報道後も懲りずに“パワハラ三昧”で吉本興業から追放危機のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

芸能界訃報相次ぐ…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

インタビュー「グラミー賞の仕組みと実態」

 今年もグラミーの季節が来た。第64回グラミー賞の授賞式が現地時間で2022年1月3...
写真