日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 川口春奈と門脇麦が険悪に

Wヒロインが険悪!? 『麒麟がくる』川口春奈と門脇麦が“目も合わせない”関係に現場ピリピリ

文=日刊サイゾー

NHK公式サイトより

 舞台裏では女優としてのプライドがぶつかり合っているようだ。

 長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が順調な滑り出しを見せている。初回平均視聴率19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートすると第2回は17.9%、第3回16.1%を記録。前作『いだてん~東京オリムピック噺~』の全話平均視聴率が8.2%だったことを考えると、今のところは合格点と言えるだろう。

 そんなドラマで、主演の長谷川以上に注目を浴びているのが2人の女優だ。

「濃姫役だった沢尻エリカが降板となったことで、代役の川口春奈がクローズアップされています。もちろん、彼女も初の時代劇をそつなくこなしていますが、本作のヒロインは、オリジナルキャラクターである戦災孤児の駒を演じる門脇麦です。第1話では、川口よりも出番が多く『存在感抜群』と称賛されていました」(テレビ誌ライター)

 今後は川口派と門脇派でお茶の間の人気を二分しそうだが、撮影現場では2人の険悪な関係に共演者が振り回されているという。

12

Wヒロインが険悪!? 『麒麟がくる』川口春奈と門脇麦が“目も合わせない”関係に現場ピリピリのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真