日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 川口春奈、独自のあいさつ封印で奏功か

川口春奈、大河『麒麟がくる』の撮影現場で独自の“お触りあいさつ”封印して奏功か

文=日刊サイゾー

川口春奈

 独自のあいさつをやめておいてよかった?

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』が初回19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で好スタートを切った。

 同ドラマといえば、すでに撮影が進んでいた昨年11月、主要キャストの1人だった沢尻エリカ被告が薬物事件で逮捕・起訴され、代役に川口春奈を立てて、沢尻被告のシーンの撮り直しが行われていた。

「オファーは受けたものの、川口さんは時代劇初挑戦。不安たっぷりだったようだが、主演の長谷川博己さんが親身に相談に乗ったり、積極的にコミュニケーションを取るようにしてケアしています。おかげで川口さんも見事に役をつとめあげ、視聴者から評価もかなり上々です」(NHK関係者)

 大きなチャンスをゲットした川口だが、このままトラブルなく乗り切れば女優としての評価が上昇することは確実だ。昨年11月には格闘家の矢地祐介との交際が発覚、公私ともに順調そうだが、以前、一部で報じられた撮影現場での“独自のあいさつ”をやめたことが奏功しているようだ。

12

川口春奈、大河『麒麟がくる』の撮影現場で独自の“お触りあいさつ”封印して奏功かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真