日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テリー伊藤、鈴木杏樹不倫は擁護

同じ不倫なのに? テリー伊藤、鈴木杏樹は擁護して東出昌大はメッタ斬りだったワケ

文=日刊サイゾー

テリー伊藤

 “芸の肥やし”になるなら、東出昌大はかなりの演技派俳優になっているはずだが……。

 2月9日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演したテリー伊藤が、「週刊文春」(文藝春秋)で喜多村緑郎との不倫関係を報じられた鈴木杏樹について言及した。

 テリーは、「批判覚悟で言うと」と前置きし、鈴木については「これから役者としていろんな役ができる。幅が広がる。いい事だと思います」と、今回の不倫が女優活動の糧になると擁護してみせた。

 しかし1月26日放送の同番組では、同じく唐田えりかとの不倫が発覚した東出をコキおろしていただけに、180度違う姿勢に首をかしげた視聴者が多かったようだ。

「東出に対してテリーは、『アホで、性欲が強くて、常識がない。3年の間に他でも浮気しているよね』『基本的に全部職場。“職場荒らし”している。コソコソやってるのがたまんないタイプ』とメッタ斬りにしていました。もともとテリーは“逆張り”だけのコメンテーターで、多数派でないほうに立って理屈を並べることで自分の存在感を高めてきたタイプ。過去に不倫が報じられたベッキー、後藤真希、小泉進次郎などについても擁護派に回っています。女性や権力者サイドに限って甘くなる傾向があり、東出については、渡辺謙を父に持つ杏を悲しませたことで、叩く側に回ったのでしょう」(週刊誌記者)

12

同じ不倫なのに? テリー伊藤、鈴木杏樹は擁護して東出昌大はメッタ斬りだったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

能條愛未のキャリアを深掘りして見えてきたもの

 新宿・紀伊國屋ホールの改修後、演劇公演第一弾となる『新・熱海殺人事件』。これまで紀...
写真