日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > テリー伊藤、鈴木杏樹不倫は擁護

同じ不倫なのに? テリー伊藤、鈴木杏樹は擁護して東出昌大はメッタ斬りだったワケ

文=日刊サイゾー

テリー伊藤

 “芸の肥やし”になるなら、東出昌大はかなりの演技派俳優になっているはずだが……。

 2月9日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演したテリー伊藤が、「週刊文春」(文藝春秋)で喜多村緑郎との不倫関係を報じられた鈴木杏樹について言及した。

 テリーは、「批判覚悟で言うと」と前置きし、鈴木については「これから役者としていろんな役ができる。幅が広がる。いい事だと思います」と、今回の不倫が女優活動の糧になると擁護してみせた。

 しかし1月26日放送の同番組では、同じく唐田えりかとの不倫が発覚した東出をコキおろしていただけに、180度違う姿勢に首をかしげた視聴者が多かったようだ。

「東出に対してテリーは、『アホで、性欲が強くて、常識がない。3年の間に他でも浮気しているよね』『基本的に全部職場。“職場荒らし”している。コソコソやってるのがたまんないタイプ』とメッタ斬りにしていました。もともとテリーは“逆張り”だけのコメンテーターで、多数派でないほうに立って理屈を並べることで自分の存在感を高めてきたタイプ。過去に不倫が報じられたベッキー、後藤真希、小泉進次郎などについても擁護派に回っています。女性や権力者サイドに限って甘くなる傾向があり、東出については、渡辺謙を父に持つ杏を悲しませたことで、叩く側に回ったのでしょう」(週刊誌記者)

12

同じ不倫なのに? テリー伊藤、鈴木杏樹は擁護して東出昌大はメッタ斬りだったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

セクハラ&パワハラ事件が映画化

 忠誠心を見せろ。全米最大のニュース専門チャ...…
写真
インタビュー

歩く伝説・山本政志監督が大作を語る

 1980年代に盛り上がったインディーズムーブメントにおいて、その中心にいた人物が山...
写真